文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2017年(平成29年) 7月23日(日)付け紙面より

地域活性化へ思い新た 「みなとオアシス加茂」登録証授与式


 国土交通省港湾局の「みなとオアシス加茂」登録証授与式が22日、鶴岡市の加茂レインボービーチで行われた。国や県、地元関係者が集まり、全国98カ所目の登録を祝うとともに、情報発信強化による観光振興、交流拡大、地域活性化への思いを新たにした。

 みなとオアシス制度は2003年創設。県内では、みなとオアシス酒田(05年)、みなとオアシス鼠ケ関(06年)に次いで3カ所目の登録で、加茂水族館を代表施設、加茂レインボービーチ、加茂緑地を構成施設としている。登録地域は、国交省がホームページやパンフレットでPRするほか、道路地図への掲載や道路標識設置への支援などがある。

 登録証授与式には関係者約80人が出席。菊地身智雄国交省港湾局長のあいさつを浅輪宇充大臣官房技術参事官が代読し、舟山康江参院議員、志田英紀県議会議長らが来賓あいさつ。岡邦彦東北地方整備局副局長から榎本政規鶴岡市長へ登録証が手渡された。

 榎本市長は「加茂水族館やレインボービーチ、加茂水産高校、県水産試験場を一体的に活用しながら加茂地区が進めた地域活性化の取り組みが評価され、今回の登録となった。資源を生かし、さらなる活性化につなげたい」と謝辞を述べた。大漁旗がはためく中、油戸を中心にした地元住民たちが、勇壮な「南中ソーラン」の踊りを披露。みなとオアシス加茂の登録を祝った。

みなとオアシス加茂の登録証が鶴岡市に授与され、関係者が笑顔で記念撮影
みなとオアシス加茂の登録証が鶴岡市に授与され、関係者が笑顔で記念撮影

登録を祝い地元住民が加茂の海を背景に南中ソーランの踊りを披露した
登録を祝い地元住民が加茂の海を背景に南中ソーランの踊りを披露した



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field