文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2017年(平成29年) 5月31日(水)付け紙面より

庄農高生がお年寄りと定植作業に汗

 庄内農業高校の生徒と地域のお年寄りが野菜栽培を通し交流する「地域交流農園」の定植作業が29日、同校敷地内の農地で行われた。

 生徒と地域住民の交流や高齢者の生きがいづくりの場として、同校と庄内農業高等学校地域連携協議会(事務局・鶴岡市藤島庁舎)、市社会福祉協議会藤島福祉センターの3者が共同で2015年度から始めた。本年度も夏野菜と秋野菜の収穫を楽しむ。

 この日は藤島地域全域から18人と、生物環境科3年生で市民農園の運営などを学ぶグリーンライフ授業を専攻する生徒15人が参加。同校敷地内の有機栽培に取り組んでいる農地120平方メートルに学校で栽培したナスとピーマンの苗、虫よけとしてマリーゴールドも一緒に植えた。生徒たちが苗植え用の穴を空け、お年寄りたちが苗を手植え。柿酢を希釈した水もたっぷり与えた。近くの本間昭恵さん(67)は「昨年も参加した。一人暮らしなので生徒たちとの交流は楽しみ。毎朝の散歩コースなので成長を楽しみにしたい」と話した。

 今後、生徒たちが管理・栽培し、8月に一緒に収穫。収穫した野菜は地域内の一人暮らしのお年寄り宅などに配る予定。また、秋野菜として9月に大根を植えて収穫する。

庄農高の生徒と地域のお年寄りが一緒に夏野菜を定植
庄農高の生徒と地域のお年寄りが一緒に夏野菜を定植



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field