文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2017年(平成29年) 7月1日(土)付け紙面より

パスラボ選手と交流 食の大切さ学ぶ

 本県を拠点とする男子プロバスケットボールチーム「パスラボ山形ワイヴァンズ」の選手と交流する「パスラボ山形応援給食」が29日、庄内町の立川小学校(中野智嘉校長、児童197人)で行われ、6年生31人が選手とゲームをしたり給食を食べたりして交流を深めた。

 同チームは2015年度から県教育委員会などとともに「パスラボ山形応援給食」と銘打ち、選手を県内の小・中学校などに派遣。食育に関するパンフレットの配布を行うとともに、栄養教諭や学校栄養士による食に関する指導のバックアップを行っている。

 この日は伊澤実孝選手(23)=195センチ、愛知県出身=が同校を訪問。初めに体育館で児童たちとミニゲームなどを楽しんだ。引き続き同校栄養教諭とともに「食育クイズ」。「朝ご飯をしっかり食べると勉強に集中できるし頭もさえる」「給食のお米は庄内町産はえぬき。田んぼを見たら作っている人に感謝しましょう」と呼び掛け、8問以上正解した児童には伊澤選手からメダルが贈られた。

 給食では、伊澤選手と児童たちが会話を弾ませながら県産豚の肉団子や庄内麩入りのおひたしなどを味わった。児童たちは「食で気を付けていることは」「どうやったら身長が伸びるの」「プロの選手を目指したのはいつ」などと質問、伊澤選手は「栄養バランスを考えてよく食べるようにしている」「よく食べ、牛乳を飲んでしっかり寝ることが大事」「高校の時にこの道を決めた。みんなも好きなことを見つけて打ち込んでほしい」と笑顔で答えていた。

 齋藤友河君(11)は「緊張したけど、背が大きくてバスケで有利そうだと思った。一緒にバスケができて楽しかった」と話していた。

児童たちが伊澤選手とミニゲームに挑戦した
児童たちが伊澤選手とミニゲームに挑戦した

児童たちが伊澤選手と交流し食の大切さを学んだ
児童たちが伊澤選手と交流し食の大切さを学んだ



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field