文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2017年(平成29年) 9月29日(金)付け紙面より

狂言の基本動作体験、鑑賞も 酒田の小学5年生がワークショップ

 和泉流野村万蔵家一門の「萬(よろず)狂言」による「狂言体験ワークショップ」が26―28の3日間、酒田市の松山城址館で開かれ、市内の全22小学校の5年生約800人が、舞台での基本動作体験や代表的演目の鑑賞などで伝統芸能に親しんだ。

 市教育委員会が2015年度、「松山能」(県指定無形民俗文化財)が伝わる松山地域の小学校を対象に始め、昨年度からは市内の全小学校の5年生に対象を拡大して続けている。3年目の今年は1日2回ずつ、3日間で計6回のワークショップに797人が参加。

 2日目の27日午前は、琢成、広野、黒森、一條、八幡の5校の計110人が参加。野村一門の狂言師・河野佑紀さんが講師となり、「狂言は約650年前の室町時代に生まれた。当時から全く変わっていない」など歴史を聞いた後、「ズカズカズカッ」と自ら擬音を発しながらのこぎりで木を切る動作などを披露した。その後、代表の児童25人が舞台に上がり、正座のあいさつ、すり足、笑い、しゃがんでチョコチョコと前進するキノコの霊の歩き方などを体験、会場は笑いに包まれた。

 八幡小の池田鷹介君(11)は「キノコの歩き方が面白かった。650年もよく伝わってきたと思った」と話した。 

 その後、一門の野村万之丞さん、清水宗治さんの2人が加わり、狂言「附子(ぶす)」を披露した。

河野さん(右)の指導で狂言の動作などを体験する子どもたち=27日午前
河野さん(右)の指導で狂言の動作などを体験する子どもたち=27日午前



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field