文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2016年(平成28年) 11月13日(日)付け紙面より

木質チップで遊歩道 南平田小児童が森づくり活動

 酒田市山楯の「悠々の杜」で11日、南平田小学校(長岡均校長)の5年生たちが地元産の木質チップを遊歩道に敷くなど森づくり活動を行い、森林に親しんだ。

 悠々の杜は入浴施設「アイアイひらた」周辺の市有地を中心にした広さ7・74ヘクタールの森林公園で、地域住民による「悠々の杜推進協議会」(加藤寛英会長)が市民の憩いと教育の場として整備。2011年からは認定NPO法人「ひらた里山の会」(佐藤忠智代表理事)が事務局となって、多彩な自然体験プログラムを絡め森づくりを進めている。

 この日は南平田小5年生の56人が参加。今年3月に前年度の同校5年生が植林したクリやヤマモミジなどの苗木に施肥した後、地元の杉の間伐材から作られた木質チップ約4立方メートルを、遊歩道(幅約1メートル、長さ約40メートル)に敷き詰めた。

 この日は小雨の中、かっぱを着た子どもたちは木質チップをシャベルですくい、ビニール袋に入れて運び、次々に遊歩道に敷いた。敷き終わると全員が列をつくって「渡り初め」し、「森の香りがする」などと喜んだ

 子どもたちはその後、森づくりアドバイザーの白壁洋子さんの指導でネーチャーゲームを楽しんだ。

悠々の杜の遊歩道に木質チップを敷きならす南平田小の子どもたち
悠々の杜の遊歩道に木質チップを敷きならす南平田小の子どもたち



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field