文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(平成30年) 4月28日(土)付け紙面より

鳥海ブルーライン全線開通

 鳥海山の中腹を通り遊佐町と秋田県にかほ市を結ぶ山岳観光道路「鳥海ブルーライン(県道鳥海公園吹浦線)」(延長約35キロ)が27日午前、全線開通。曇り空ながら時折日も差す天候の中、待ちかねた行楽客らが大勢訪れ、県境近くに形成された雪の回廊のドライブを堪能した。

 この日、遊佐側では吹浦地区の小野曽ゲート前で開通式が行われ、神事でシーズン中の無事故と登山客らの安全を祈った。時田博機町長が「山の恵みに感謝しながら、遊佐の自然を広く発信したい。救助隊の出動がないよう今シーズンの安全を祈願する」とあいさつ、金子敏明県議と堀満弥町議会議長が祝辞を述べた。

 テープカット、一番乗りの佐藤勲さん(54)=酒田市泉町、農業=への記念品贈呈に引き続き、鳥海太鼓の演奏が響く中、パトカーを先頭に大平山荘に向けて出発。関係者によると、今年の積雪量は例年に比べ多く、標高1000メートルの大平山荘付近や県境付近は雪に包まれ、道路沿いは3―4メートルの雪の回廊となっていた。

 凍結の恐れがあるため、ブルーラインは当面の間、午後5時から翌朝8時まで通行止めとなる。

待ちかねた観光客らが残雪に囲まれながらドライブ=大平山荘付近
待ちかねた観光客らが残雪に囲まれながらドライブ=大平山荘付近



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field