文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2021年(令和3年) 2月27日(土)付け紙面より

酒田市の西荒瀬小 育てたサケの稚魚 日向川に放流

 元気でね―。酒田市の西荒瀬小学校(久米井浩校長、児童126人)の全校児童が26日、昨年10月からこれまで大切に育ててきたサケの稚魚約3000匹を学校近くを流れる日向川に放流。児童たちは見えなくなるまで稚魚を目で追い、4年後の再会を約束していた。

 1979年度から地元の日向川鮭漁業生産組合(大場清悦組合長)の協力で毎年実施している体験学習の一環。本年度は6年生が昨年10月、サケを捕まえて採卵、人工授精させ受精卵約1万粒を預かった。4―6年生の鮭研究室メンバーが校内で毎日、水温や気温などを計測するとともに、餌をあげたり、死卵を取り除くなどの世話をし、体長6―7センチの稚魚約3000匹に育てた。

 この日は風は冷たいものの、好天が広がる中、大場組合長が「これからサケは自分で餌を取り、4年後に帰ってくる。無事に帰ってくることを願って放流してください」とあいさつ。児童たちは「元気に帰ってきてね」などと声を掛け、バケツに入れてもらった稚魚を川に放した。

 鮭研究室メンバーの一人、土田桜雅君(11)=5年=は「死卵が多かったので、生き残ったサケからはたくさん、大きくなって戻ってきてほしい」と話した。

日向川にサケの稚魚を放流する西荒瀬小の児童たち
日向川にサケの稚魚を放流する西荒瀬小の児童たち



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field