文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2017年(平成29年) 3月4日(土)付け紙面より

大切に育てたサケの稚魚放流 

 元気でね―。酒田市の西荒瀬小学校(佐藤文雄校長、児童107人)の全校児童が2日、昨年10月からこれまで大切に育ててきたサケの稚魚約1万匹を学校近くを流れる日向川に放流。児童たちは見えなくなるまで稚魚を目で追い掛け、4年後の再会を約束していた。

 同校児童によるサケの飼育・放流活動は、先月27日に86歳で死去した日向川鮭漁業生産組合(酒田市)の故大場昇組合長の協力で1981年にスタート。以来、4―6年の児童有志で組織する「さけ研究室」(さけ研、佐藤佳歩室長)が中心となって毎年、取り組んでいる。

 今シーズンは、昨年10月に6年児童がそ上してきたサケを捕獲して採卵・受精。ふ化するまでは校内のふ化水槽で、その後は飼育池で計134日間、観察を続けるながら大切に育ててきた。

 この日は、さけ研メンバーが体長5センチ前後まで成長した稚魚を飼育池で捕獲した後、全校児童が同川左岸へ。児童たちは川岸まで足を運び、「元気で帰ってきてね」と声を掛けながら稚魚を丁寧に放した。

 佐藤室長(6年)は「どんどん成長するので毎日観察するのが楽しかった。4年間頑張って、元気に戻ってきてほしい」、今井晴琉副室長(同)も「小学校最後の観察なので気合を入れて育ててきた。戻ってくるのは今の2年生が6年生になった時。学校の伝統行事として歴史をつないでもらいたい」とそれぞれ話した。
           

自ら育てたサケの稚魚を放流する西荒瀬小の児童たち
自ら育てたサケの稚魚を放流する西荒瀬小の児童たち


2017年(平成29年) 3月4日(土)付け紙面より

「桃の節句」健やかな成長祈る

 「桃の節句」の3日、鶴岡市の城南幼稚園・保育園(須田正明園長)の年長児が同市の荘内神社(石原純一宮司)を訪れ、ひな祭りを行った。江戸時代から伝わるおひなさまを前に、健やかな成長をお祈りした。

 園児の健康と健やかな成長を祈ろうと同神社が毎年、市内の園児を招待してひな祭りを開いている。この日は同園の年長児28人が訪問し、同神社宝物殿で展示してある市内の旧家から奉納された約200体のひな人形などを見学した。

 初めに神職から九段飾りを前に、「荘内神社のおひなさまは珍しい七人囃子(ばやし)です」「このおひなさまのお年は200歳」などと説明を受けた。おはらいと健やかな成長を祈る祝詞奏上の後、園児代表が玉串をささげた。

 続いて園児たちは元気な声で「うれしいひなまつり」を合唱し、プレゼントのひな菓子を受け取った。その後、宝物殿内の展示を見学。ひな人形の鮮やかな着物やひな道具の手の込んだ細工に「きれい」「すごい」と言葉を交わしながら見入っていた。

 松浦和夏ちゃん(6)は「きれいなおひなさまだった。元気な1年生になれるようにお祈りしました」と話していた。

荘内神社のおひなさまにお祈りする園児たち
荘内神社のおひなさまにお祈りする園児たち



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field