文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2017年(平成29年) 3月5日(日)付け紙面より

亀ケ崎小児童会 書き損じはがき募金

 酒田市の亀ケ崎小学校児童会は1日、全校児童から募った書き損じの郵便はがきを酒田ユネスコ協会(五十嵐敬司会長)に贈った。

 同校児童会は、途上国の子供たちに文具や学校を贈呈するため酒田協会の上部団体・日本ユネスコ協会連盟が展開している「世界寺子屋運動」に共感。1枚当たり45円の「募金」になる書き損じの郵便はがきを回収し毎年、酒田協会に寄贈している。

 今年も児童会エコボランティア委員会(畑山開哉委員長)が1月30日―2月10日の約2週間、校内各階に専用ポストを設置、お便りや放送で周知を図りながら児童から投函(とうかん)してもらった。

 この日は五十嵐会長、地主友昭副会長らが同校を訪問。贈呈式は校長室で行われ、大谷智之校長が見守る中、畑山委員長(6年)と齋藤奈菜副委員長(同)が「困っている子供たちのために役立ててください」と話し、書き損じの郵便はがき354枚を地主副会長に手渡した。

 地主副会長は「一生懸命集めてもらい、とてもうれしい。世界中の人が幸せに暮らせるようにしたい」とお礼、五十嵐会長が畑山委員長に感謝状を手渡した。

地主副会長(右)に書き損じはがきを手渡す児童代表
地主副会長(右)に書き損じはがきを手渡す児童代表


2017年(平成29年) 3月5日(日)付け紙面より

湯の浜CC今季営業開始 海に向かってスイング

 鶴岡市下川の湯の浜カントリークラブ(CC)が4日、今シーズンの営業を開始した。待ちわびたゴルファーが足を運び、久しぶりのグリーンの感触を確かめながら、海を望むコースでプレーを楽しんだ。

 湯の浜CCは昨年より5日早いオープン。市内では最も早く営業を開始したこともあり、初日は約20パーティーが訪れ、午前7時半すぎから順番にラウンドした。中でもインの11番ホールは日本海と湯野浜海岸を望む同CC名物コース。ゴルファーたちは雄大な景色を眼下に、思い切りよくスイング。肌寒さが残る中、仲間のプレーに「ナイスショット!」と声を掛け合っていた。

 五十嵐昌基支配人は「今シーズンは雪も少なく、早めにオープンできて一安心。初日もまずまずのコンディション。気持ち良くプレーしてもらいたい」と話した。

 庄内地方の他のゴルフ場は、積雪の状況を見ながら冬季も営業を続けていた最上川CC(酒田市)が1日から本格オープン。赤川市民ゴルフ場(鶴岡市)は11日(土)、庄内ゴルフ倶楽部(庄内町)は18日(土)、アイランドゴルフパーク酒田(酒田市)は来月1日(土)にそれぞれオープン予定。朝日カントリークラブ(鶴岡市)は4日現在未定。


ゴルフシーズンがいよいよ到来。海に向かって思い切りスイングする愛好者=4日午前、湯の浜CC
ゴルフシーズンがいよいよ到来。海に向かって思い切りスイングする愛好者=4日午前、湯の浜CC



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field