文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2017年(平成29年) 3月14日(火)付け紙面より

好天の下プレー楽しむ 赤川市民ゴルフ場オープン

 鶴岡市勝福寺の赤川市民ゴルフ場がオープンし、待ちわびた愛好者たちが初プレーを楽しんだ。

 今年は雪が少なかったため、同ゴルフ場は1月2、3、8、9、10日の5日間営業。オープン当日の11日は積雪のため午前中の営業はできなかったものの、午後2時ごろにオープン。次々とゴルフ愛好者らが来場した。

 好天に恵まれた12日は、朝から約80人が来場。仲間とカートを引いてコースを回り、プレーを楽しんでいた。同市早田の50代男性は「今年3回目だが地元でのプレーは初。一人でもグループでも手軽に楽しめていい」、同ゴルフ場の本間道明社長は「内陸や県外からも多くの愛好者が来てくれる。健康にもよく手軽に来て遊べるのでぜひ足を運んで」とそれぞれ話していた。

 同ゴルフ場の営業時間は午前6時から午後5時まで。1ラウンドの受け付けは午後2時まで、ハーフラウンドの受け付けは午後3時まで。12月の降雪まで無休で営業する。問い合わせは同ゴルフ場=電0235(25)5624=へ。

オープンを待ちわびた愛好者らがプレーを楽しんだ=12日
オープンを待ちわびた愛好者らがプレーを楽しんだ=12日


2017年(平成29年) 3月14日(火)付け紙面より

若者の地元就職促進へ 3月に初開催 企業説明会

 大学や短大など来春の新規学卒者向けの「庄内就職説明会」が11日、鶴岡市の小真木原総合体育館で開かれた。地元企業約100社が参加し、Uターン就職を希望する学生らが訪れ、地元企業への理解を深めた。

 酒田、鶴岡の両公共職業安定所や商工会議所、管内市町などで構成する庄内地域雇用対策連絡会議が実施。庄内地域の喫緊の課題として若者の人口流出がいわれる中、管内企業からの早期に学生らと接点を持ちたいという要望を受けて、3月1日の企業説明会解禁に合わせて初めて開いた。

 この日は建設、製造、介護、金融、情報通信、サービス、バイオベンチャーなど幅広い職種の企業98社(うち4社が資料参加)が参加。企業ごとにブースを設け、学生が自由に回って話を聞いた。県庄内総合支庁地域産業経済課によると、県内外から137人の来場があり、多くが来年3月に大学・大学院・短大・高専・専門学校などの卒業予定者。

 鶴岡市出身で都内の大学3年の冨樫美紗さん(21)は「地元で就職したい。文系なので事務系が希望だがいろんな企業の話を聞きたい」、庄内町出身で千葉県の大学3年の熊谷祐人さん(21)は「大学まで行かせてもらったので、庄内に戻って恩返しがしたいと思っている。大学で学んだ技術系が希望」と話していた。

 同雇用対策連絡会議では来年からも3月に説明会を開くことにしている。

庄内地域への就職促進を狙いに初めて3月に企業説明会として開催された「庄内就職説明会」
庄内地域への就職促進を狙いに初めて3月に企業説明会として開催された「庄内就職説明会」



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field