文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2017年(平成29年) 4月1日(土)付け紙面より

新・増築などへ利用呼び掛け

 酒田市は、住宅の新・増築などに利子補給する「住宅改善支援事業」、リフォームの工事費用を補助する「住宅リフォーム総合支援事業」の各2017年度用パンフレットを作製した。制度の利用を呼び掛けている。

 住宅改善支援事業は、住宅の新築、増築、改築、修繕、外構工事、耐震改修の工事費用の80%(最高400万円)を上限に、市が無利子で貸し付け、利子補給する制度。対象は市内全域の持ち家、中心市街地の賃貸住宅のほか、17年度は新たに「空き家の解体工事」も対象とした。4月3日(月)から、ゆうちょ銀行を除く市内の金融機関で受け付けし、貸付総額2億4000万円に達し次第締め切る。

 一方、住宅リフォーム総合支援事業は、住宅の部分補強、省エネ化、バリアフリー化、克雪化、三世代同居化、酒田産木材使用などのリフォーム工事費用の2割(上限40万円)を市と県で補助する制度。対象のうち、親・子世帯が近くで住むことを奨励する「近居世帯」は従来、両世帯の直線距離が「2キロ以下」のみが対象だったが、17年度は新たに「同一小学校の通学区域内」も対象とした。4月10(月)―14日(金)に市建築課で受け付け、応募が予算額(市の新年度当初予算は1億600万円)を超えた場合は抽選となる。

 両事業に関する問い合わせは市建築課=電0234(26)5749=へ。

酒田市の住宅関連支援2事業の17年度版パンフレット
酒田市の住宅関連支援2事業の17年度版パンフレット


2017年(平成29年) 4月1日(土)付け紙面より

屋形船からお花見

 県下で展開中の「山形日和。花回廊キャンペーン」(7月9日まで)の一環として、酒田市内を流れる新井田川沿いの桜並木を川面から楽しむ「お花見屋形船」の運航が、4月7日(金)から行われる。同23日(日)まで毎日、1日3回運航。地元の桜を一味違った趣向で楽しめる企画となっている。

 花回廊キャンペーンは、これまで置賜地区で行ってきたものを今年から全県に拡大し展開。やまがた観光キャンペーン推進協議会(事務局・県観光立県推進課)が主催している。庄内地区の目玉イベントとして、「庄内に春を告げる魚『サクラマス』を食べよう!!」とともに庄内観光コンベンション協会が企画した。

 完全予約制で運航している運航会社・酒田湊観光企画の屋形船「みづき」を17日間にわたり特別運航。山居倉庫対岸の船乗り場から新井田川を上り、新井田橋、中の口橋、浜田橋などをくぐり旭新橋で折り返し、同様のコースで山居橋まで戻る。新井田川沿いの桜並木を楽しみながら、天気が良ければ残雪の鳥海山の雄大な景色を眺めることができる。

 期間中は毎日、午前10時半、午後1時20分、午後3時の運航。予約なしで乗船できる。特別料金として大人1000円(通常1960円)、小学生500円(同980円)、未就学児は無料。

 同コンベンション協会事務局の県庄内総合支庁観光振興室では「地元の方が普段なかなか屋形船に乗る機会がないと思うのでこの機会に乗船してもらい、港町酒田の情緒あふれる魅力に触れてほしい」と話している。運航の問い合わせは酒田湊観光企画=電0234(21)8015=へ。

今年のお花見は船窓から眺めるのはいかが? 鳥海山と桜を背景に新井田川を運航する屋形船「みづき」
今年のお花見は船窓から眺めるのはいかが? 鳥海山と桜を背景に新井田川を運航する屋形船「みづき」



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field