文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2017年(平成29年) 4月7日(金)付け紙面より

公益大に酒田市寄付講座

 新たな情報化社会に対応でき、地域創生に貢献できる文理融合型の人材養成に向け、酒田市の東北公益文科大(吉村昇学長)は2017年度、酒田市の寄付を受けて「市産業振興寄付講座」を開設する。公益大の寄付講座は、県の寄付で2015年10月に公益大大学院に開設した「アジアビジネス人材育成講座」に続いて2例目。

 新たな技術に対する研究開発を行い、その成果を学生だけでなく広く地域社会に還元していくことで、関連産業の振興を図っていくのが目的。開設にあたり市は、昨年7月に会社設立50周年を記念し東北興産(同市、加藤進社長)が寄せた現金、日情システムソリューションズ(同市)の故佐藤邦彦前会長の遺族、電子部品商社「栄電子」(東京都)の創業者で、首都圏在住の同市出身者らで組織する親睦会「ふれあい酒田」顧問を務める染谷英雄さん(酒田東高卒)による寄付金を充当した。

 開設期間は2021年度まで5カ年で、市が毎年600万円を寄付。これまで公益大で実施してきた特別プログラム「情報特別選抜」を改編し本年度、新設した「メディア情報コース」の中の講座で、内容は▽高度な情報教育による地元企業へのIT人材の輩出▽IT技術を活用した産業振興に資する研究開発▽履修証明プログラムの開設による地元企業のIT人材育成―など。セキュリティー分野、VR(仮想現実)技術分野をより強化するため担当教員をこれまでの3人から6人に増員した。

 公益大で5日、共同会見を開き、丸山至市長は「IT人材を養成する講座がほしいという市民の声を受けての開設。開講により、酒田の産業振興をけん引する人材を1人でも多く輩出できたら。これからも公益大としっかり組んで街づくりを進めていきたい」、吉村学長は本年度にスタートした「第2期吉村プラン」にも触れ、「市の発展に向け、公益大として協力していきたい」とそれぞれ話した。

 神田直弥学部長(人間工学など)、メディア情報コース長を務める廣瀬雄二准教授(インターネットサービスなど)によると、短期間で専門知識を習得できる社会人向けの「履修証明プログラム」は秋学期にスタート、夜間の開講を想定しているほか、セキュリティー分野に関する資格取得サポートも予定している。「IT人材の『地産地消』を図りたい」(神田学部長)という。

会見終了後、握手を交わす吉村学長(左)と丸山市長
会見終了後、握手を交わす吉村学長(左)と丸山市長


2017年(平成29年) 4月7日(金)付け紙面より

新松山小が開校

 酒田市の旧地見興屋、松山、内郷の3つの小学校を統合した新・松山小学校(齋藤正志校長、児童136人)の開校式が6日、同市相沢の同校(旧内郷小)で開かれ、児童や地域住民らが新たな学校の歴史を刻んでいく誓いを新たにした。

 少子化に伴う学区改編で、松山地域の3小学校が今年3月末に閉校し、新・松山小を新設。校舎は、老朽化した旧松山小を2017、18年度の2カ年かけて大規模改修し、19年度から使う。その間、2008年度に完成し耐震性もある旧内郷小を仮校舎として使う。

 新校スタートに当たって校歌と校章も制作。校歌は、松山音楽祭のプロデュースに関わってきた山形大大学院教授の山本陽史さん(米沢市)が作詞、旧松山町時代に「わたしのまつやま」を作曲した愛知県立芸術大准教授の成本理香さん(名古屋市)が作曲、校章は旧内郷小卒業生の会社員、堀愛未さん(岩手県盛岡市)がそれぞれ担当した。

 この日、体育館で行われた開校式には、9日に入学する1年生16人を除く2―6年生120人と保護者、地域住民ら合わせて約300人が出席。丸山至市長が式辞で「新しい校歌、校章には、いつまでもふるさと松山を愛し、友達を大切に、世界に大きく羽ばたいてほしいという願いや、希望や夢に向かい全力を尽くしてほしいという思いが込められている。そうした願いや思いを大切に」と児童たちに呼び掛けた。

 新たな校章がデザインされた校旗が丸山市長から齋藤校長に渡された後、児童代表のあいさつで6年生の富樫誠実君(11)=旧松山小=は、旧3校の校歌への思いを挙げ「このような学校が大好きだった。閉校は寂しいことだった」と振り返った上で、「新しい校歌にあるように『友と出会い 助け合い 笑顔はじける』松山小を僕たちでつくっていこう」と決意を述べた。

 山本さんの指揮、成本さんのピアノ伴奏で、児童たちが新校歌を元気に歌った。席上、山本さん、成本さん、堀さんの3人に対し丸山市長が感謝状を贈った。終了後、旧松山小学区の3―6年生10人による「松山子ども狂言の会」が狂言「鬼の首引き」を記念公演、開校に花を添えた。

丸山市長(壇上左)から授与された校旗を、齋藤校長が児童たちに披露
丸山市長(壇上左)から授与された校旗を、齋藤校長が児童たちに披露



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field