文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2017年(平成29年) 4月8日(土)付け紙面より

新校歌 元気に合唱 統合の大山小学校で開校式

 鶴岡市の旧大山、加茂の両小学校が統合して2017年度に誕生した「大山小学校」(奥山愼校長、児童363人)の開校式が7日、同校体育館で行われた。長い歴史で培った両校の伝統を引き継ぎ、新たな学校をつくり上げていくことを誓った。

 少子化に伴う複式学級の解消を目的とした市の学校適正配置計画に基づく統合で、旧大山小を統合新校の校舎に開校した。

 開校式には児童、教職員、市関係者、地元住民ら合わせて約500人が出席。奥山校長が「教育に対する地域の期待と熱意を受け止め、未来につなぐ学びやにしたい。加茂と大山の良さをますます発揮し、児童、教職員、PTA、地域が一丸となって新たな一歩を踏み出していこう」とあいさつ。両地区の児童を代表していずれも6年生の本間貴大君(11)と、吉田壮一郎君(11)が「それぞれ積み上げてきたものを大切にし、発展させるため、協力して新しい学校をつくり上げていく」と誓いの言葉を力強く述べた。全員で新しい校歌を元気に合唱し、開校を告げた。

大山と加茂の自然や歴史が盛り込まれた新校歌を歌い上げる児童たち
大山と加茂の自然や歴史が盛り込まれた新校歌を歌い上げる児童たち


2017年(平成29年) 4月8日(土)付け紙面より

安全安心を守る「防犯ベル」 藤島LCが地域4小学校1年生に贈る

 鶴岡市の藤島ライオンズクラブ(LC、渡邊康一会長)はこの春、同市藤島地域の4小学校に入学する新1年生77人に入学祝いとして「防犯ベル」を贈呈した。

 防犯ベルの贈呈は、近年、児童を狙った事件も多く報道される中で地域の子どもたちの安全安心を守るための十分な備えが必要と考え、藤島LCが社会福祉・地域貢献活動の一環として昨年から実施している。防犯ベルはランドセルなどに付けられるキーホルダータイプを選んだ。

 このうち、長沼小学校(成澤和則校長、児童44人)では、7日、藤島LCの堀口大介さんが同校を訪問し入学式の中で贈呈した。堀口さんが「入学おめでとうございます」と防犯ベルを手渡すと、新入生9人を代表して受け取った菅原陸君(6)は「ありがとうございます」と大きな声でお礼を述べた。

 渡前、東栄の2小学校は8日、藤島小学校は9日に贈呈式が行われる。

藤島LCを代表して堀口さんが長沼小学校の新入学児に防犯ベルを贈った=7日、長沼小
藤島LCを代表して堀口さんが長沼小学校の新入学児に防犯ベルを贈った=7日、長沼小



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field