文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2017年(平成29年) 9月5日(火)付け紙面より

酒田沖で強震・津波 多面的に対応 県・酒田市総合防災訓練

 大規模地震発生を想定した県と酒田市合同による総合防災訓練が3日、同市の光ケ丘陸上競技場周辺を主会場に開かれ、同市の第一中学校区の住民ら約5000人が救助や消火、医療救護、避難所運営など多面的な訓練に取り組み、有事の対応を確認した。

 広く県民の防災意識を高めようと県が毎年この時期、県内各地で回り持ちで開催している訓練。今年は酒田市の第一中学区の各自治会自主防災組織を中心に、県と同市、酒田警察署、酒田地区広域行政組合消防本部、陸上自衛隊第6師団、電気やガス、水道、通信といったライフライン事業者など計74団体から約5000人が参加した。

 災害の想定は「酒田市西方沖の海底を震源とするマグニチュード7・8と推測される地震が発生し、酒田市では震度6強を観測。津波も発生した」というもの。各自治会は松陵学区コミュニティ防災センターに住民を避難誘導するとともに、競技場内への現地災害対策本部の設置や情報収集、倒壊建物・車両からの被災者救出、県ドクターヘリを使用した医療救護、ライフライン復旧など、災害時に想定される被害や課題に沿った訓練を次々に繰り広げた。

 訓練を視察した吉村美栄子知事は「時宜を得た訓練。各機関による専門的なものに加え、救出訓練など住民相互に助け合うものもあって心強く思った」と話した。

多面的な訓練で有事に備えた県・酒田市合同による総合防災訓練
多面的な訓練で有事に備えた県・酒田市合同による総合防災訓練

倒壊したブロック塀から負傷者を救出する地域住民による訓練。相互に助け合う姿が見られた
倒壊したブロック塀から負傷者を救出する地域住民による訓練。相互に助け合う姿が見られた


2017年(平成29年) 9月5日(火)付け紙面より

爽やかな潮風受け

 酒田ビッグビーチフェスタ2017が3日、酒田市の大浜海岸で開かれた。ビーチバレーや「家族対抗はだし運動会」、シーカヤック体験などのイベントが行われ、大勢の家族連れらでにぎわった。

 同市の港湾整備や海運に関わる官民でつくる「海の日」記念事業実行委員会(実行委員長・弦巻伸酒田商工会議所会頭、事務局・市商工港湾課)が、日本財団の助成を受けて昨年に引き続き開催したスポーツイベント。ビーチスポーツやレクリエーションを通じ、酒田港外港地区にある大浜海岸の利用促進を図り、港湾への理解を広める狙い。

 イベントは、ビーチバレー(男女別2人制、男女混合4人制)、家族対抗はだし運動会(ビーチフラッグス、ビーチサンダル飛ばしなど)、シーカヤックや水上バイクの体験試乗、飲食物の提供など。ゲストとして、日本ビーチ文化振興協会理事長の朝日健太郎さん、ライフセーバーの遊佐雅美さん、同市出身の元バレーボール選手、今野加奈子さんが参加し、各種目の解説などで花を添えた。

 このうち3種目に計33チームが出場したビーチバレーでは、出場選手たちはダイビングしてのレシーブや、砂浜とは思えないほど跳びはねてのスパイクなど随所に好プレーを見せ、観客から拍手を受けていた。また、シーカヤック体験は行列ができる人気ぶりとなり、潮風を受けながら消波ブロックの内海を懸命にこいでいた。

 実行委事務局では「酒田は港と市民生活が乖離(かいり)している。このようなイベントを通して港ににぎわいを創出していきたい」と話し、「特にビーチバレーに関しては大浜海岸を一大聖地にしたい」と語った。閉会式終了後は全員で一帯のごみを拾い集めた。

潮風を体いっぱいに受けながらパドルをこぐシーカヤック体験参加者たち
潮風を体いっぱいに受けながらパドルをこぐシーカヤック体験参加者たち



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field