文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(平成30年) 4月5日(木)付け紙面より

鶴岡市松ケ岡 ミズバショウ見頃に

 鶴岡市羽黒町松ケ岡の湿地帯に群生するミズバショウが見頃を迎え、里山に春の訪れを告げている。

 ミズバショウはサトイモ科の多年草。花のように見える純白の仏炎苞(ぶつえんほう)の中に黄色の穂状の花を咲かせる。松ケ岡地区では幅約30メートル、奥行き約70メートルの湿地に約2万株が自生し、例年3月下旬から咲き始める。

 今年も3月末ごろから咲き始め、見頃を迎えている。湿地帯には鮮やかな緑色の葉に純白のミズバショウが群生し、清らかで愛らしい姿が訪れた人たちを魅了している。

 近くの松ケ岡開墾場では20(金)―22(日)の3日間、クラフト展や着付け体験などの「松ケ岡桜まつり」が行われる。

見頃を迎え、春の訪れを告げるミズバショウ
見頃を迎え、春の訪れを告げるミズバショウ


2018年(平成30年) 4月5日(木)付け紙面より

酒田市の公認マスコットキャラクターをモチーフにした「もしぇのんあののん音頭」CD製作

 酒田市の公認マスコットキャラクター「もしぇのん、あののん」をモチーフにした「もしぇのんあののん音頭」のCDが製作され、市内のコミュニティ振興会や保育施設などに配布される。市民団体が郷土愛の醸成などを狙いに作ったもので、来月の酒田まつり宵祭りでは来場者を巻き込んで同音頭を踊るなど普及につなげる計画だ。

 同音頭は、港をキーワードにしたまちづくりに取り組んでいるNPO法人「酒田みなとまちづくり市民会議」(渡部芳久理事長)が2016年度、酒田市公益活動助成事業の採択を受けて制作した。「酒田みなとは ねぇあののん みんなが大好き そりゃもしぇのん」で始まり、日和山や飛島、大獅子、砂丘メロン、ラーメンなど酒田の名物を盛り込んだ歌詞と分かりやすい振り付けで、子どもから高齢者まで気軽に楽しみながら健康づくりや郷土愛の醸成、観光振興につなげる狙い。

 CDは同NPO法人が音頭の普及に向け、17年度の同助成事業の採択を受け100枚を製作した。市内の全てのコミュニティ振興会と保育園、幼稚園、認定こども園に配布するという。

 同NPO法人では来月19日の酒田まつり宵祭りで、振り付けを考案した庄内おばこ「華の会」メンバーの指導で、来場者を巻き込んで同音頭を踊る計画を進めている。

 同NPO法人理事で広報担当の加藤明子さんは「観光のおもてなしをはじめ、盆踊りや健康体操などとして多くの市民に踊ってもらい、地域や世代間の交流、健康づくりなどに生かしてほしい」としている。

 振り付けは動画サイトYou Tubeにもアップしているほか、習得用のDVDも貸し出す。CDは、希望者に実費で頒布する。

 問い合わせは加藤さん=電090(3368)5941=へ。

製作された「もしぇのんあののん音頭」のCD
製作された「もしぇのんあののん音頭」のCD



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field