文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(平成30年) 4月12日(木)付け紙面より

東北芸工大修復の羅漢像 12体を20日から公開

 鶴岡市下川の龍澤山善寳寺(五十嵐卓三住職)と東北芸術工科大が取り組む「五百羅漢像修復プロジェクト」で、昨年度までの分として12体が修復を終え、寺に戻った。湿度などの環境に慣れさせるため現在保管所に安置されているが、20日(金)に元の位置に戻し、開催中の五百羅漢堂特別拝観でも公開される。

 同プロジェクトは、創建から160年が経過した五百羅漢堂内部に安置される羅漢像など531体に剥落や部分的な欠損など老朽化が進んでいることから、善寳寺の委託を受けた同大が現状維持修復に当たっている。損傷の進行を食い止めるとともに、傷みや汚れを風格に置き換えるもので、2016年度から着手し、20年余で網羅する計画だ。3月25、31日の2回に分けて修復完了分が初めて寺へ運び込まれ、保管所である竜華庵内部で安置されている。

 10日、修復を指揮する同大付置研究機関の文化財保存修復研究センターから関係者が寺を訪問。本年度16体の修復など今後の作業の日程を確認した。また、修復が完了した羅漢像を報道陣に公開。修復を統括する同大の柿田喜則教授(48)が、剥落止めを施した部分など修復箇所を説明した。

 柿田教授によると、五百羅漢堂内部は年間を通じて高湿度で安定し、羅漢像にとっては比較的良好な環境だったことが判明。また、「仏師名とみられる文字を確認しているが、主たる仏師なのかは、まだ断定できない」という。このほか、羅漢像は修復の手が加えられていなかったとみられていたが、一部には修復の痕跡を確認できている。

東北芸術工科大での修復を終えて善寳寺に戻ってきた羅漢像の修復箇所を説明する柿田教授
東北芸術工科大での修復を終えて善寳寺に戻ってきた羅漢像の修復箇所を説明する柿田教授


2018年(平成30年) 4月12日(木)付け紙面より

学びの成果堂々と披露

 東北公益文科大学(酒田市、吉村昇学長)の1年生が作成した「入学前学習レポート」のポスターセッションが10日、学内で開かれ、これまでの学びを生かして自らまとめたレポートを堂々と発表した。

 公益大には今春、男女251人が入学。公益大事務局によると、早い学生では昨年のうちに入学の内定を得たという。今回の学習レポートは、学内の教育推進センター学修支援部会が学習習慣の継続、課題探究学習の深化を目的に初めて企画したもので、1年生は内定後から年末年始や春季の休業、自由登校などを利用し、任意のテーマで作成に励んだ。

 テーマは地域活性化、少子高齢化、子育て環境整備、選挙権年齢引き下げ、野球の敬遠ルール、ワーキングプア、高齢者ニーズに合った福祉の在り方などさまざま。完成したレポートは郵送や電子メールで大学に送り、テーマに沿った専門の教員が添削。さらにコメントを付け加えて返却し、1年生はそれを基にポスターにまとめた。

 この日の発表は、先輩学生のサポートを受けながら1年生が、他の1年生に向けて発表する形式で行われた。「東日本大震災後の復興について」というテーマで発表した男子学生は、大震災被災者の現状を踏まえ、「近隣住民間のコミュニケーションを増やすため、仮設住宅を廃止し、災害公営住宅を増築するべき。『心の復興』を進めるべきと思う」などと述べた。

 公益大事務局では「長期の休業や合格の安堵(あんど)感によって学習習慣が途切れる恐れがある。レポート提出は、それを防ぐのが一番の目的。今後も学生に寄り添い、よりきめ細かい教育を展開していきたい」と話した。

公益大で行われた入学前学習レポートの発表会。1年生が自らの考えを堂々と述べた
公益大で行われた入学前学習レポートの発表会。1年生が自らの考えを堂々と述べた



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field