文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(平成30年) 5月10日(木)付け紙面より

出羽三山神社 五穀豊穣願い祈年祭

 鶴岡市羽黒町手向の出羽三山神社(宮野直生宮司)の祈年祭と三神合祭殿再建200年奉祝大祭が8日、羽黒山頂の三神合祭殿で行われた。農耕神事で五穀豊穣(ほうじょう)を祈願するとともに、再建200年の節目を祝った。

 三神合祭殿(明治以前は羽黒山寂光寺)は開山1400年余の歴史の中で2度焼失し、再建されている。現在の社殿は1796(寛政8)年の出火で焼失後、第75代覚諄(かくじゅん)別当が1818(文政元)年に再建。2・1メートルの厚さの茅葺(かやぶ)き屋根が荘厳さをたたえる。2000年に国重要文化財に指定。

 この日、拝殿には約220人が参列。宮野宮司が神事で五穀豊穣を祈願するとともに、覚諄別当が羽黒山復興を担い再建した歴史をたたえる祝詞を奏上した。農耕神事は田作りを模した「御田植神事」や優雅な「田舞」を奉納。本殿を田に見立てて、神職が鎌やくわを手に田を耕す所作、牛の面を着けて代かきし、種をまくなどの農作業を披露した。引き続き、巫女(みこ)たちも加わり田舞歌に合わせて男女10人がゆったりとした田舞を厳かに繰り広げた。

 同神社では三神合祭殿再建200年を記念し現在、羽黒山中の国宝羽黒山五重塔内部の特別拝観、山頂儀式殿では覚諄別当が羽黒修験者に託した羽黒三所大権現の秘仏初公開を行っている。

 また、山頂の鏡池周囲では、奉賛者名を刻んだ石製の玉垣(境内の境界に巡らせた垣)の設置が進められている。麓の羽黒街道に架かる大鳥居は今秋に建て替え予定。奉賛の問い合わせは出羽三山神社社務所=電0235(62)2355=へ。

農耕神事の田舞を奉納し五穀豊穣を祈願
農耕神事の田舞を奉納し五穀豊穣を祈願

再建200年の節目を迎えた三神合祭殿。記念事業として鏡池の周囲で奉賛者名を刻んだ石製玉垣の設置が進められている
再建200年の節目を迎えた三神合祭殿。記念事業として鏡池の周囲で奉賛者名を刻んだ石製玉垣の設置が進められている


2018年(平成30年) 5月10日(木)付け紙面より

酒田・庄内能楽館で「夜遊の調べ」

 公益財団法人「庄内能楽館」(酒田市、池田宏理事長)が主催した「庄内夜遊(やいう)の調べ」が8日夜、同法人が運営する同市浜松町の庄内能楽館で開かれ、葛野流大鼓(かどのりゅうおおつづみ)宗家の亀井広忠さんら中央で活躍している各流の囃子(はやし)方、宝生流シテ方が舞囃子、仕舞を披露。会場を埋めた約120人の能楽ファンを魅了した。

 庄内能楽館は1976年の設立。能舞台はひのき造りでくぎを使用していない。舞台の下にはかめが入っており、踏み鳴らしたときに音が響くようになっている。桟敷席も含め約150人を収容。能の魅力を紹介する各種事業を展開する一方、一般を対象に仕舞や謡の教室を開催しているほか、夏休み期間には子どもたちと保護者を対象にした「親子仕舞教室」を実施している。

 この日は、仕舞教室講師を務める能楽師、辰巳大二郎さんが「装束や面(おもて)を着けずに能の見どころを紹介するのが舞囃子や仕舞。囃子が入ると舞囃子、謡のみだと仕舞」などと解説した後、素謡「翁」で幕開け。舞囃子「高砂」「葛城(かつらぎ)」、仕舞「箙(えびら)」「花筐(はながたみ)」などを披露した。

 会場では開演前、抹茶と菓子が振る舞われた。池田理事長は「これまでは教室が中心だったが、これからは今回のような公演を増やし、より多くの人から能の魅力に触れてもらいたい」と話した。

舞囃子などで能の魅力を広く紹介した「夜遊の調べ」
舞囃子などで能の魅力を広く紹介した「夜遊の調べ」



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field