文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(平成30年) 6月5日(火)付け紙面より

テノール歌手・市原多朗さん(酒田市名誉市民) 若手声楽家へ公開レッスン

 酒田市出身の世界的なテノール歌手で同市名誉市民の市原多朗さん(68)=東京都、東京藝術大客員教授=による若手声楽家への公開レッスンが2日、同市の希望ホールで行われ、世界の聴衆を魅了した技と心を伝授した。3日には同会場でこの若手声楽家がコンサートを開き、レッスンの成果を披露した。

 酒田市は今年3月、芸術文化の振興を魅力あるまちづくりにつなげようと、市文化芸術基本条例、市文化芸術推進計画を制定・策定した。今回はそれに基づき、市などが主催する酒田希望音楽祭の目玉事業の一つ「市原多朗マスターコース」として実施した。

 訪れた若手声楽家は、いずれもプロとして活躍している藤谷佳奈枝さん(ソプラノ)、金城理沙子さん(同)、山下裕賀さん(メゾソプラノ)、澤原行正さん(テノール)、喜納響さん(同)、山田大智さん(バリトン)の6人。5月31日から2日まで市原さんのレッスンを受け、3日に「希望の船出コンサート」を開いた。

 このうち2日の公開レッスンは老若男女約110人が聴いた。若手声楽家が1人30分程度ずつ、翌日に歌うオペラのアリアを中心に習った。市原さんは「歌は農業に似ている。土地を耕し、種をまくなどさまざまな段階を経て収穫に至る」「はとバスに乗った時、ガイドの歌が下手だった理由を考え、簡単にうまく聞こえる方法に気付いた。歌いだしに前の拍を感じて歌うと、心がこもって聞こえる」など、自らの体験を交え、聴衆にも音楽の魅力や奥深さを軽妙に語りながら進めた。

 また、レッスン冒頭には、澤原さんと喜納さんの二人が“歌の決闘”として、翌日のコンサートで歌う権利を賭け、ドニゼッティの歌劇「ランメルモールのルチア」の同じアリアを歌った。聴衆の投票で喜納さんが歌う権利を獲得。2人の後、市原さんが同じ曲の一節を歌うと、圧倒的な声量と情感に、聴衆は引き込まれるように聴き入り、「やっぱりすごい」など大きな声援と拍手を送った。

 市は市原さんと若手声楽家との交流を今後も継続する方針。今回の関連経費は来年3月31日まで220万円を目標に、ふるさと納税制度を使って寄付を募るガバメント・クラウドファンディングで賄う。お礼の品は希望ホール大ホールの利用権(寄付額100万円)から同市産の米7キロ(同1万円)、メロン(同)などさまざま。詳細は実施サイト「ふるまる」へ。

若手声楽家へのレッスンを行う市原さん(中央)=2日、希望ホール
若手声楽家へのレッスンを行う市原さん(中央)=2日、希望ホール


2018年(平成30年) 6月5日(火)付け紙面より

危険な「あおり運転」防止を

 車間距離を極端に詰めるなど危険な「あおり運転」の防止を図ろうと、警察による全国一斉取り締まりが7日(木)まで実施されている。本県では4日、高速道路インターチェンジでの啓発活動で注意を呼び掛けたほか、6日(水)には高速道路で県警ヘリコプターとパトカーによる初の空陸一体の取り締まりも実施する。

 神奈川県の東名高速道路で昨年6月5日、後続車にあおられ、追い越し車線に無理やり停車させられた夫婦が死亡する事故が発生。本県関連では今年3月20日、真室川町在住の会社役員の男が福島県の東北自動車道で前方のトラックに対しあおり運転を続け、追い越した上で急ブレーキをかけてわざと追突させる事件もあった。県警交通部高速道路交通警察隊によると4日現在、県内での摘発はないが、あおり運転の通報は今年に入って11件。昨年1年間での通報16件に迫るペースで推移している。

 あおり運転の防止と、梅雨時期に多発が懸念されるスリップ事故防止の啓発を図ろうと4日には、東日本高速道路(NEXCO東日本)東北支社鶴岡管理事務所(村崎慎一所長)と県警高速隊鶴岡分駐隊(高橋慎分駐隊長)は、啓発活動を山形自動車道の湯殿山インターチェンジ(IC)で実施。計17人が参加し、同ICから鶴岡方面へ向かうドライバーを料金所前で止め、啓発グッズを手渡しながら「気を付けて運転を」などと呼び掛けた。高橋分駐隊長は「あおり運転をしないため、車間距離を十分取り、速度を守って走行し、時間にゆとりを持って行動を。もし被害に遭ったり危険な車両を見掛けたら、安全な所に車を止めて110番通報を」と話した。

 県警ヘリ「がっさん」も出動する交通取り締まりでは、庄内一円の山形自動車道、日本海沿岸東北自動車道をエリアに6日午前実施予定。ヘリに搭乗する高速隊員が、あおり運転や著しい速度超過、車間距離不保持違反、通行帯違反などの交通違反車両を空から監視。無線で連絡を受けたパトカーと連携して検挙につなげる。

高速道路を利用するドライバーに、あおり運転やスリップ事故への注意を呼び掛けた=4日、湯殿山IC
高速道路を利用するドライバーに、あおり運転やスリップ事故への注意を呼び掛けた=4日、湯殿山IC



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field