文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(平成30年) 7月7日(土)付け紙面より

旬の庄内の味覚どうぞ

 「庄内砂丘メロンの日」の6日、鶴岡市の加茂水族館で、旬を迎えたメロンを振る舞うPRイベントが行われた。来館者は「爽やかな味でおいしい」と笑顔で試食していた。

 全国各地の産地が集まり昨年7月に同市で開催された「第3回全国メロンサミット」で、庄内地域では7月6日を「メロンの日」と定めた。産地の鶴岡、酒田、遊佐の3市町や県、JAなど関係者が庄内砂丘メロン産地プロジェクトを立ち上げ、庄内砂丘メロンの消費拡大やブランド力向上を目指し、連携してPR活動を展開することになった。

 この日、加茂水族館にはJA鶴岡や鶴岡市の担当者ら6人が訪れ、一口大にカットしたハウス栽培のアンデスメロンと鶴姫レッドを紙コップに入れ、600人分用意。振る舞いに来館者は「わあーメロンだ。うれしい」「とてもおいしい。どこで購入できますか」など話しながら、庄内砂丘産のメロンを堪能していた。

 福島県会津若松市から観光ボランティアガイド研修で訪れた新國萌さん(25)は「庄内砂丘でメロンが栽培されていることを初めて知った。歯応えも良く、爽やかな味でとてもおいしい」と話していた。同水族館のレストランでは、6―22日の期間中、アンデスメロンの試食コーナーを設けてPRする。

 6日は庄内空港でも振る舞いが行われ、14日には東京銀座の県アンテナショップでもPRイベントを実施する。

庄内砂丘メロンの日に合わせ、鶴岡市の加茂水族館で行われた試食PR活動
庄内砂丘メロンの日に合わせ、鶴岡市の加茂水族館で行われた試食PR活動


2018年(平成30年) 7月7日(土)付け紙面より

プロの舞台ファン魅了 庄内能楽館「狂言の日」公演

 公益財団法人・庄内能楽館(池田宏理事長)が主催した公演会「今日は『狂言の日』」が5日夜、酒田市浜松町の庄内能楽館で開かれ、人間国宝・野村万作さんが主宰する狂言団体「万作の会」に所属する狂言師5人が2曲を披露、その魅力を広く紹介した。

 庄内能楽館は1976年の設立。仕舞や囃子(はやし)、謡の教室を随時開講しているほか、隣接する資料館では能、茶道に関する資料を展示している。昨年までの活動は教室やワークショップが中心だったが、5月には宝生流シテ方、各流の囃子方を招き「庄内 夜遊(やいう)の調べ」を開催するなど、今年に入って公演会に力を入れている。

 この日は万作さんに師事し現在、中央で活躍する深田博治さん、高野和憲さん、月崎晴夫さんら狂言師5人が来酒した。最初に深田さんが狂言を解説、「『この辺りの者でござる』で始まるのが狂言。北京だろうと、パリだろうと国内外問わず、どこであろうと『この辺りの者』」と会場を沸かせた後、大名と男の掛け合いが楽しい「昆布売(こぶうり)」、最高傑作の一つに数えられる「棒縛」の2曲を披露した。

 会場には狂言ファン約150人が訪れ、プロの狂言師が演じる舞台を堪能していた。

狂言の魅力を広く紹介した「今日は『狂言の日』」
狂言の魅力を広く紹介した「今日は『狂言の日』」



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field