文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(平成30年) 8月1日(水)付け紙面より

YAMAGATA海・川ごみバスターズ 長井エリア

 海や川で見つかるごみはどこから来たのか、ごみが環境にどんな影響を与えるのか、未来を担う子どもたちから考えてもらう「YAMAGATA海・川ごみバスターズ」が30日、長井市の最上川上流部でスタートした。8月4日までの日程で、県内各地の小学生が最上川の上流から下流までと河口、酒田市の飛島で散乱ごみや漂着ごみの実態を調査する。

 日本財団(東京都)が2015年から全国で展開している事業「海と日本プロジェクト」の一環。県内のNPOや企業、学識者などが山形実行委員会を組織し、イベントを企画した。

 各地域で集まった小学生が「YAMAGATA海・川ごみバスターズ」を結成。県の母なる川・最上川の上流部(長井市)、中流部(寒河江市)、下流・河口部(戸沢村、酒田市)と、海へ流れ込んだごみが漂着している県内唯一の離島・飛島を舞台に、川ごみ、海ごみの現状調査や清掃活動を通してごみ問題の根本に迫る。

 初日の30日は長井市の最上川上流で活動がスタート。地元長井市と南陽市の小学4―6年生11人が参加した。河川緑地公園で自己紹介や軽い運動で体をほぐした後、最上川と白川の合流地点に移動。実行委員会顧問の佐藤五郎さん(長井市)から救命胴衣の着用や河川での注意事項を受け、ゴムボートに乗り込んで川岸などに漂着するごみの実態調査を開始した。

 途中でボートから降りて河川敷のごみ拾いをしたところ、ペットボトルや食品トレーなどのプラスチックごみ、吸い殻、空き缶などが見つかり、あっという間に子どもたちが持つごみ袋は満杯になっていた。

 川の水量が非常に少なくなっており、ボートでの川下りでは交代しながらオールでボートを進めながら、2時間ほどで約5キロ下流のゴール地点に到着。昼食後は集めたごみの分別作業やごみの種類の調査、エコ活動として牛乳パックを使ったブーメラン作りなどを行った。

ごみ捨てるのは良くない

 松下悠希君(10)=長井小5年 オールでこぐのが大変だったがボートでの川下りは楽しかった。ごみ拾いで男性用の衣類やブルーシートが見つかったことに驚いた。大人がごみを捨てるのは良くないこと。川の環境にも悪い影響があると思う。

小学生が長井市の最上川上流で川岸のごみ拾い。空き缶や吸い殻が見つかった
小学生が長井市の最上川上流で川岸のごみ拾い。空き缶や吸い殻が見つかった

ゴムボートで最上川の船下りに出発! 子どもたちが笑顔を輝かせた
ゴムボートで最上川の船下りに出発! 子どもたちが笑顔を輝かせた


2018年(平成30年) 8月1日(水)付け紙面より

大きな声で論語に親しむ 致道博物館で早朝素読

 鶴岡市の致道博物館で、「少年少女古典素読教室」の早朝素読が行われ、市内の小中学生が大きな声を出して論語に親しむとともに、旧庄内藩校「致道館」の学風に触れている。

 素読は致道館が奨励した学習法の1つで、中国古典の漢文を大きな声を出して読むのが特徴。教室は、同市が1968年度から2年間、当時の文部省の文化財愛護モデル地区に指定されたことをきっかけに始まり、半世紀以上続く。現在は市中央公民館、致道博物館、致道館文化振興会議が共催で毎年開催している。

 今年は小学4年から中学3年までの男女11人が受講。5月に開講式を行った後、7月下旬までは毎週土曜に学習。夏休み期間の7月30日―8月4日は午前5時40分から約40分の早朝素読に取り組んでいる。

 31日は8人が参加した。同博物館内の御隠殿では正座で姿勢を正した子どもたちが、講師の後に続いて論語のテキストを復唱。開け放たれた部屋の外から聞こえるせみ時雨の音に交じり、子どもたちは「子のたまわく、君子は周してしこうして比せず、小人は比してしこうして周せず」など元気な声を響かせていた。

 今年初めて受講している朝暘三小4年の佐藤直樹君(9)は「朝5時すぎに起きた。少し眠いけど、声を大きく出して最後まで頑張る」と話していた。

涼しい空気の中、早朝に論語の素読に取り組む子どもたち=31日
涼しい空気の中、早朝に論語の素読に取り組む子どもたち=31日


2018年(平成30年) 8月1日(水)付け紙面より

第8回高校生バイオサミットin鶴岡 生命科学研究の成果を発表

 生命科学の研究に取り組む全国の高校生が集まる「第8回高校生バイオサミットin鶴岡」が30日、鶴岡市覚岸寺の鶴岡メタボロームキャンパスで始まった。8月1日(水)までの3日間、高校生たちが研究の成果や計画について発表する。

 日本の科学の次代を担う人材育成を狙いに県、市、慶應義塾大先端生命科学研究所が実行委員会を組織して2011年から毎年開催している。今年は全国の22都道府県から高校・高専72校、生徒・学生189人が参加し、成果発表部門に65点、計画発表部門に34点、合わせて過去最多の99作品が集まった。

 初日の30日は成果発表部門の研究発表予選が行われ、冨田勝同研究所長を審査委員長に17人が発表を審査。発表と質疑合わせて8分の持ち時間の中で、高校生たちは研究の背景や方法、結果や考察を発表。質問にもしっかりとした口調で答えていた。

 「タイタニック号を分解する真正細菌特有の遺伝子を見つける」をテーマに発表した鶴岡南高3年の五十嵐水月(18)さんは「昨年計画部門で発表したことを研究し、成果発表する場に立てたことをうれしく思う。発表では深く調べていなかった点について厳しい質問もあった。次につなげるためさらに考えを深めたい」と話していた。

 31日は同部門決勝と計画発表が行われ、最終日には表彰式が行われる。

生命科学の研究に取り組む全国の高校生が集まり、成果を発表した
生命科学の研究に取り組む全国の高校生が集まり、成果を発表した



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field