文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(平成30年) 10月3日(水)付け紙面より

プレDCオープニングセレモニー

 大型観光誘客事業「新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)」のプレDC(10―12月)のオープニングセレモニーが10月1日夕、鶴岡市のJR鶴岡駅前つるおか食文化市場FOODEVER(フーデェヴァー)で行われた。参列者が威勢よく鏡割りを行い、開幕を飾った。

 新潟県・庄内エリアDCは「日本海美食旅(ガストロノミー)」をメーンテーマに、新潟県と庄内の8エリアの“美食・美酒”を前面に、地域の歴史や文化、風土を発信する。

 セレモニーには、庄内2市3町の各首長をはじめ、JR東日本新潟、仙台の各支社、庄交コーポレーション、鶴岡、酒田の両商工会議所、出羽三山神社の各代表者らが参列。主催者を代表し、新潟県・庄内エリアDC推進協議会山形県推進部会長の皆川治鶴岡市長が「『おいしい食の都庄内』として15年間取り組んできており、庄内2市3町にとってはもってこいのテーマ。多くの皆さまがおいでいただくきっかけにしたい。一致団結して成功させよう」、JR新潟支社の松田千春営業部観光推進室長は「DCを契機に庄内そして山形県の観光を皆さんと一緒に盛り上げていきたい」とそれぞれあいさつ。県知事あいさつを沼澤好徳県庄内総合支庁長が代読した。続いて来場者が見守る中、羽黒山伏のほら貝の音と「ガストロノミー」の発声で皆川市長ら参列者が威勢よく鏡割り。来場者に地元の“美酒”を振る舞いプレDCのスタートを飾った。

 庄内エリアでは、鶴岡市の出羽三山や善寳寺などの寺社と4温泉での「詣でる、つかる、いただきます」の精進落とし現代版、北前船がもたらした湊町酒田の粋な料亭文化「北前料理 酒田湊膳」、「おいしい食の都庄内」庄内風洋食ガストロノミー満喫―の各キャンペーンや、飲食店などが提供する「庄内おばこサワラ」「天然とらふぐ」のキャンペーンなどを繰り広げる。10月20日に酒田市の中町モールで「おいしい食の都庄内」酒まつりを開催し、県内全53蔵元の日本酒の試飲、販売を行う。

威勢よく鏡割りを行い、新潟県・庄内エリアプレDCのスタートを飾った
威勢よく鏡割りを行い、新潟県・庄内エリアプレDCのスタートを飾った


2018年(平成30年) 10月3日(水)付け紙面より

吹浦小児童が東松島市(宮城)訪問

 遊佐町の吹浦小学校(高橋共之校長)の6年生10人が先月27、28の両日、修学旅行で宮城県内に行き、同校敷地内に自生したクロマツの苗木を同県東松島市に贈った。東日本大震災被災地復興支援の一環として2016年から行っている。

 周囲をクロマツ林に囲まれている同校では、2007年の新校舎供用開始以降、体育館西側にある砂利敷きの箇所に種子が飛散して自生。特別な栽培はしていないものの、日当たりが良く日々、成長し続けているという。大きいものでは約50センチまで成長。同校でこのクロマツの有効活用を模索していた際、11年3月の東日本大震災で壊滅的な被害を受けた東松島市でマツ林再生に向けた活動が行われていることを知り16年秋、当時の6年生が修学旅行の際に50本を持参して同市に寄贈した。

 高橋校長によると、今年はより丈夫な苗木になるよう砂利よりも根が張りやすい箇所に一部を植え替えたという。先輩たちの思いを引き継いだ6年生が9月、青々と力強く伸びるクロマツの苗木を根ごと採取してポットに植え替え。教職員や保護者の指導を受けながら、しっかりと根が張るまで水やりなどをして、大切に育てた。

 東松島市震災復興伝承館で初日午後に行われた寄贈式では、同市側から小山修副市長、工藤昌明教育長が出席。児童を代表して石井虎毅君、畠中理紗子さんが「マツの苗木が大きく育ち、僕たちの思いが皆さんに届けることが出来たらうれしい」と述べ、工藤教育長に苗木を託した。

 引き続き児童たちは同伝承館で大震災に関する映像・写真資料を見学。災害への思いを新たにした。

 寄贈式であいさつした畠中さんは「吹浦小は日本海の近くにあり、津波被害はひとごとではない。先日も大地震・大津波避難訓練を実施した。大震災で大きな被害を受けた東松島市の復興に少しでも役立ててほしい」と話した。同校では来年以降も継続する方針。
           
           

小山副市長(後列左から3人目)、工藤教育長(同2人目)を囲む吹浦小児童たち。後列左端は高橋校長=先月27日(吹浦小提供)
小山副市長(後列左から3人目)、工藤教育長(同2人目)を囲む吹浦小児童たち。後列左端は高橋校長=先月27日(吹浦小提供)



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field