文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(平成30年) 11月4日(日)付け紙面より

功績たたえ表彰 齋藤茂吉文化賞

 本年度の齋藤茂吉文化賞、県産業賞、県科学技術賞の贈呈式が3日、山形市の県郷土館「文翔館」で行われた。庄内関係では鶴岡市の阿部月山子さん(77)=本名・義郎、藤島俳句会長=が齋藤茂吉文化賞(文学・俳句分野)に、前田直己氏(73)=酒田市、前田製管相談役=が県産業賞にそれぞれ選ばれた。ともに贈呈式に出席し、吉村美栄子知事から表彰状を受け取った。

 贈呈式には受賞者と家族、来賓、選考委員など合わせて約50人が出席。初めに文化賞、産業賞両委員会委員長の吉村知事が受賞者それぞれの功績を説明するとともに「今後とも県政発展のため一層のお力添えをお願いするとともに、ますますのご健勝を祈念する」と祝辞を述べた。選考委員が各賞の選考経過を報告した後、各受賞者に表彰状が贈られた。

 受賞者代表あいさつで阿部さんは「俳句と出合ったのは1966年で50年以上続けている。今後とも“一生一句”の精神で、後世に残るような俳句を作り続けたい」、前田さんが「9月11日が誕生日で、翌12日に受賞の知らせを聞いた時に大きな誕生プレゼントを頂いたと喜んだ。今後は子どもたちに郷土の歴史を教える役目を担っていきたい」とそれぞれ述べた。

 齋藤茂吉文化賞は本県の芸術、学術分野で顕著な功績を挙げた個人、団体を顕彰しようと1955年に創設された。阿部さんは荘内日報社の「庄内最上歳時記」の発起、編集委員を務めたほか、新聞俳壇の選者や俳句大会選者を数多く務め、小中学生の指導にも力を入れている。長く県俳人協会長を務め地方俳壇の指導的役割を果たした。

 県産業賞は本県の産業振興、発展に寄与した個人、団体を顕彰するため1972年に創設。前田さんは1990年の県工業会設立時から理事を務め副会長、会長を歴任するなど、県内製造業界の振興発展に寄与した。また、私財を投じて公益財団法人マエタテクノロジーリサーチファンドを設立し、産業振興と研究開発、人材育成のため資金助成活動を展開するなど産業人材の育成に尽力した。

齋藤茂吉文化賞を受賞した阿部さん(中央)(上写真)   県産業賞に輝いた前田さん(中央)
齋藤茂吉文化賞を受賞した阿部さん(中央)(上写真) 県産業賞に輝いた前田さん(中央)


2018年(平成30年) 11月4日(日)付け紙面より

家族連れら初滑り楽しむ

 県内のトップを切って3日、酒田市入船町のスケート場「スワンスケートリンク」が今シーズンの営業を開始し、待ちかねた家族連れなどが初滑りを楽しんだ。4日まで滑走料が無料となる。

 市が1994年度から冬季のみ、市体育館に氷を張って40メートル×27メートルのリンクを開設。年間2万5000人前後が利用している。昨シーズンまでは市直営だったが、今シーズンは市体育協会が指定管理者となって運営する。県内のスケート場は同市のほか、山形市、鶴岡市と計3カ所にあり、屋内は酒田市が唯一、今季は最も早い運営開始となった。

 この日は午前10時のオープンとともに、家族連れや子どものグループ、ペアルックの若い男女などが次々に訪れた。恐る恐るリンクに上がった子どもたちはすぐに勘を取り戻したかのようにスイスイと滑り、リンクは歓声に包まれた。

 運営の一翼を担っている県スケート連盟副会長・フィギュア部長の富樫惣一さんは「スケートはバランス感覚を養うのに最適で、脚力も高まる。最近の子どもは家にこもってゲーム漬けになりがち。体を動かしに来て」と話した。

 4日は午前10時―午後6時。その後の使用時間は、平日は正午―午後9時(火・木曜日は午後7時)、土・日・祝日・年末年始は午前10時―午後6時。滑走料は、就学前児童は無料、小中学生は210円(土日は無料)、高校生は320円、一般520円。貸し靴料は320円。今シーズンの営業は来年3月31日まで(1月1日は休館)。問い合わせは同スケート場=電0234(23)3437=へ。

酒田市のスワンスケートリンクで初滑りを楽しむ人たち=3日午前10時半ごろ
酒田市のスワンスケートリンクで初滑りを楽しむ人たち=3日午前10時半ごろ



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field