文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(平成30年) 11月6日(火)付け紙面より

14チーム出場、鶴岡で東北大会

 アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2018東北大会が4日、鶴岡市藤島体育館で開かれた。高専生チームが製作したロボットで「ボトルフリップ」に挑戦し、全国大会出場を目指した。

 鶴岡高専など東北6校から計14チームが出場。競技課題「ボトルフリップ・カフェ」は、カフェ(競技フィールド)にある8つのテーブルに、ロボットがペットボトルを投げて立てる数を競う内容。1チーム3人が遠隔操作の「手動」と、自律して動く「自動」のロボット2台を駆使し、2分間で立てた数などの合計点で競った。

 予選リーグと決勝トーナメントが行われ、各校の応援団が熱戦を見守った。ロボットから同時に2本、3本と発射するものや連射タイプなど、各チームのアイデアロボットが次々登場し、選手や応援団はボトルの行方に一喜一憂した。中には、8テーブル全てにボトルを立て、さらに高さ2・4メートル、直径30センチの高得点の難関テーブルに次々とボトルを立てるチームもあり、高専生の技術の高さを示した。

 優勝チームと審査員推薦の2チームの計3チームが25日に東京・両国国技館で開催される全国大会に出場する。

ロボットによるボトルフリップに挑み、学んだ知識と技術の成果を競った
ロボットによるボトルフリップに挑み、学んだ知識と技術の成果を競った


2018年(平成30年) 11月6日(火)付け紙面より

阿部七段が対局指導

 酒田市在住の将棋のプロ棋士・阿部健治郎七段(29)を迎え、講話や指導対局などを行うイベントが3、4の2日間、三川町の町民体育館で開かれ、庄内一円から集まった大勢の将棋ファンでにぎわった。

 先月20日から今月11日まで開かれている「みかわ秋まつり」の一環で開催。秋まつりは町の芸術文化団体の代表や教育委員会などでつくる実行委員会が主催し、毎年行っている。

 初日の3日、指導対局には大人から子どもまで14人が参加し、同時に対局。阿部さんが次々と打っていくと参加者も真剣な表情で一手を繰り出した。対局終了後は「守りだけでなく同時に相手を攻めて」「小さな駒で大きな駒を取られないように」「常に駒を逃がす場所を用意して」などとアドバイスを受けた。

 酒田市の泉小学校4年の小野寺琉真君(10)は「自分の力を試したくて参加したけど、プロはすごく強かった。どんどん攻めてきてたくさん取られた。もっとうまくなりたい」と話していた。

阿部さんが将棋愛好者14人を相手に指導対局を行った
阿部さんが将棋愛好者14人を相手に指導対局を行った



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field