文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(平成30年) 11月8日(木)付け紙面より

建て替え工事中 羽黒山大鳥居の額 修復終えお披露目

 羽黒山の玄関口のシンボルで建て替え工事が行われている出羽三山神社(宮野直生宮司)の羽黒山大鳥居に掲げる「額」の修復が完了し6日、富山県の業者から同神社社務所に運び込まれた。15日から21日の夜間帯に、大鳥居の組み立て建設工事が現地で行われ、手入れされて黄金色に輝く額を掲げて新たな大鳥居が立柱する。

 額の大きさは縦370センチ、横182センチ。青銅製の額と額裏の補強部材を合わせた重さは約700キロになる。「月山 出羽 湯殿山神社」の揮毫(きごう)は、陸軍大将で学習院院長、明治神宮宮司などの要職を歴任した一戸兵衛(弘前市出身、1855―1931年)によるもの。

 宮野宮司と神社職員らが立ち会い、業者の説明を受けながらお披露目された。朱塗りの大鳥居の新調と額の修復を請け負う宮田鉄工所(富山県)によると、額の裏面の補強部材が朽ちた状態で、ステンレス製の部材に付け替えを行った。額面はサンドブラストで磨き、下地を深緑色に、揮毫や縁には金箔(きんぱく)を重ねて仕上げたという。

 額の裏面には90年前の大鳥居建立の奉納者で山形市の篤信家「吉岡鐡太郎」の名や、建設に携わった業者名、昭和4年7月の竣工(しゅんこう)年月、額面鋳工の職人名などが刻まれていたことも紹介。「額は丈夫に精巧に作られていて、製作を担った鋳物職人の技術の高さに驚いた」などと説明した。

 宮野宮司は「建立当時はコンクリート技術も未発達で工事は全て手作業の困難を極めるものだった。出羽三山の表玄関口神坂路の象徴の再建を機に、多くの先人たちがつながり畏敬の念を持ってお山を守ってきたことを知ってもらいたい」と話した。

 大鳥居の組み立て建設工事に伴い、15日夜から21日未明までの夜間帯、主要地方道鶴岡羽黒線は全面通行止めとなり、迂回(うかい)措置が取られる。年内に立柱式の神事を行い、桜の植樹、石碑の復旧、照明設備設置など周辺整備を進め、来年度に竣工を予定する。

羽黒山大鳥居の額の修復が完了しお披露目された。業者から説明を受ける宮野宮司(左) 修復前の額=今年6月(下写真)
羽黒山大鳥居の額の修復が完了しお披露目された。業者から説明を受ける宮野宮司(左) 修復前の額=今年6月(下写真)


2018年(平成30年) 11月8日(木)付け紙面より

港湾都市として交流・連携確認

 新潟県上越市の直江津港湾協会(会長・村山秀幸市長)の関係者が6日、酒田港視察のため酒田市を訪れ、東方水上シルクロード貿易促進協議会長で平田牧場グループ会長の新田嘉一氏、丸山至酒田市長らと懇談し、日本海側の重要港湾(直江津港、酒田港)がある地方都市同士として交流・連携を深めていくことを確認した。

 酒田港と、同港のコンテナ貨物急増のけん引役となっている花王酒田工場など立地企業の視察のため7日までの日程で訪れた。6日午後は、酒田市御成町の平田牧場「寄暢亭」で、会長の村山市長や副会長の高橋信雄上越商工会議所会頭、杉田勝典上越市議会副議長らが、新田会長や丸山酒田市長、田中廣市議会議長、弦巻伸酒田商工会議所会頭らと懇談した。

 村山市長は元新潟県職員で、1995年に新田氏が同県の環日本海新潟賞を受賞した際、担当課職員として新田氏に会い、強い印象を受けたという。新田氏は92年5月、中国黒龍江省ハルビンから松花江、アムール川、日本海を経て酒田港まで約2800キロの国際貿易航路「東方水上シルクロード」を開設し、環日本海貿易の発展に貢献した功績で同賞を受けた。直江津港ではその後、同航路を使い、大豆を運んだという。最近では、新田氏が仕掛け人となり、昨年4月に酒田市などが文化庁の認定を受けた日本遺産「北前船寄港地・船主集落」に今年5月、上越市が追加認定されている。

 懇談の中で村山市長は「久しぶりに新田会長に会えて光栄」と二十数年ぶりの再会を喜んだ。また、上越には江戸・享保の凶作時、酒田の弁財船(北前船)の頭目・亀田伊兵衛が酒田から義援米を集めて直江津に運んだ際、感謝の酒宴で伊兵衛が踊ったのが起源という踊り「米大舟(べいだいしゅう)」が伝わっていることを紹介し、「海のつながりで、人々の気持ちもつながっている」と感慨深げに語った。

 新田氏は「作家の石川好さん(現・酒田市美術館長)が『日本海側が良かったのは北前船の時代ぐらい。あの時代の夢をもう一度』となった」と、日本遺産認定の推進母体となった北前船寄港地フォーラムを始めた経緯を説明。そして、「これを縁にさらに交流を深めていこう」と海を通じて育んできた絆をさらに強めていく決意をあらためて示した。

酒田市の寄暢亭で新田氏(右から2人目)と懇談した上越市の村山市長(左奥側2人目)ら
酒田市の寄暢亭で新田氏(右から2人目)と懇談した上越市の村山市長(左奥側2人目)ら



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field