文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 2月10日(日)付け紙面より

酒田で初の地域クラウド交流会

 起業家の応援を通じてさまざまな人がつながり、交流する「酒田地域クラウド交流会」が8日夜、酒田市の希望ホールで開かれた。高校生を含む起業家5人が事業プランを提案し、来場者が応援したいプランに1票(500円分の商品券)を投じたほか、来場者同士が名刺交換などを通じて出会い、交流を深めた。

 地域クラウド交流会(略称・ちいクラ)は、起業家や行政、金融機関、地域づくりに関心を持つ一般の人などが集い、起業家の応援を通じてつながり、地域活性化につなげるもの。グループウェア開発などを行っている「サイボウズ」(本社・東京都)が中小企業庁などの支援の下、開催ノウハウを確立し、全国での開催を支援している。来場者は一人1000円を払って入場し、うち500円を投票、残り500円を運営経費に充てる形。

 酒田では、市産業振興まちづくりセンター「サンロク」が、東北経済産業局や市内の金融機関などの協力で、県内で初めて開催。参集目標100人に対し、同市や遊佐町の20、30代の若者を中心に約150人が参加した。

 起業プランを発表したのは、金融機関の推薦に基づき選考された5人。持ち時間3分で「動画配信サイトを使い、地域の魅力を発信する動画メディアをつくりたい」「ドローンを農業や建設などさまざまな分野で活用し、庄内を盛り上げたい」「結婚相談所を開設し、人口減少に歯止めをかけたい」「ラーメン店を東北全県に展開し、起業家育成を通じて地域を変えたい」など提案。来場者は、会場内に設置された投票所に行き、そこのスタッフと名刺交換しながら、応援したい提案者を口頭で告げ、投票した。

 5人の提案者のうち最多の約60票を獲得した酒田東高1年の菅原碧空さん(16)は、昨春から同校とサンロクが連携して起業家精神育成のため開講している「酒東アントレプレナーシップ養成講座」の受講生で、「米やクルミなどを使った高校生向けのお菓子を開発。今回学んだことを生かし、将来は酒田で起業したい」と提案した。

 菅原さんは「小さな計画だと思っていたが、こんなにたくさんの人にサポートしてもらえ、とてもうれしい。内心、高校生が起業なんて無理だと思っていたが、自信になった」と目を潤ませて語った。

 来場者は投票時間中、会場に貼り出された全来場者の名刺の中から会いたい人を呼び出してもらったり、近くの人と名刺交換したり、さまざまな形で交流、会場は熱気に包まれた。

 サンロクスタッフは「予想を上回る多くの参加で、手応えを感じている。今年の夏をめどに、2回目の開催を検討したい」と話した。

起業家の事業プラン提案に、来場者は熱心に聞き入った
起業家の事業プラン提案に、来場者は熱心に聞き入った


2019年(平成31年) 2月10日(日)付け紙面より

チャレンジものづくり

 酒田市の酒田光陵高校(鈴木和仁校長)の3年生2人が、市章をかたどった真ちゅう製の焼き型(焼きごて)を製作し8日、市に寄贈した。市は、「酒田杉」など酒田産木材を用いて住宅を建てた人にプレゼントしている木製フォトフレームなどにこの焼き印を入れるという。

 焼きごてを製作したのは、昨秋まで同校メカニカル技術部に所属していた土門直人さん(18)=電子機械科=と長南夢咲詩さん(18)=機械科=の2人。同校ではこれまで、市公認キャラクター「あののん」「もしぇのん」をかたどった焼きごてを製作した実績があり今回、市農林水産部が同校電子機械科の眞田広幸教諭に市章の製作を依頼した。

 快諾した眞田教諭の白羽の矢が立ったのが土門さんと長南さん。3年にわたった授業、部活動での学びを生かし、2人はCAD(コンピューター利用設計)システムを使用してプログラミング、切り出した真ちゅうにNC旋盤で市章を旋削(せんさく)した。

 この日は市庁舎で贈呈式が行われ、土門さん、長南さん、眞田教諭が訪問。2人は矢口明子副市長に焼きごてを手渡し、「自分たちが製作したものを使用してもらえることがうれしい」(土門さん)、「高校で身に付けた技術を生かすことができた」(長南さん)と話した。

 土門さん、長南さんとも幼少時から「ものづくり」に興味があったという。特に長南さんは小学6年から中学2年まで3カ年、市名誉市民でセイコーエプソン相談役を務めた故中村恒也さんによる寄付金を活用した、市教育委員会主催「チャレンジものづくり塾」を受講し、進路として光陵高を選択した。

 2人とも同じ地元製造メーカーへの就職が決まっており、矢口副市長は2人に対し「これからの酒田を支えるのは皆さん方。楽しみながら、人の役に立つ仕事を続けてほしい」とエールを送った。

焼きごてを受け取る矢口副市長(右)
焼きごてを受け取る矢口副市長(右)

今回製作した焼きごて。こての温度によって色合いを変えられるという
今回製作した焼きごて。こての温度によって色合いを変えられるという



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field