文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 3月15日(金)付け紙面より

国交省「かわまちづくり」支援制度 鶴岡市の赤川登録

 市町村や地域住民と連携して河川空間を整備する国土交通省の「かわまちづくり」支援制度で、鶴岡市の赤川が新たに登録された。国交省が2009年度に創設した支援制度で、庄内地域では庄内町清川地区、三川町に次いで3カ所目の登録。赤川かわまちづくりでは、市街地など生活拠点と隣接する羽越本線橋りょう下流から王祇橋まで8・4キロ区間で、国と市が親水護岸や園路、駐車場、レンタサイクルポートなどを整備する。整備期間は下流と上流エリアに分け、20年度から8年間を計画している。

 赤川かわまちづくりは同市が計画を策定、申請し、全国22カ所の一つとして今月8日付で登録された。計画では、周辺にある松ケ岡開墾場や黒川能などの歴史的文化拠点との回遊性を向上させるレンタサイクルポートを整備するほか、案内板設置、自然と触れ合える親水施設の整備を進めて赤川沿いに周遊ネットワークを構築。市民や観光客を河川空間に誘導することで、地域のにぎわい創出を図る。さらに民間事業者の参画を促し、河川空間を活用した地域の魅力向上による観光振興の促進を図る。護岸などは国交省、園路や駐車場、案内看板、広場、レンタサイクルポートなどは市が整備する。

 整備は下流エリアを先行し、整備後に上流エリアに着手する。赤川河川緑地などの下流エリアは20―24年度、櫛引総合運動公園などの上流エリアは24―27年度に整備する計画。市は計画推進に当たり、市赤川かわまちづくり推進協議会(仮称)を新たに設け、整備位置や利活用方法、維持管理体制などについて検討、協議していく。

 国交省は必要な河川管理施設整備などのハード支援、地域のニーズに対応した多様な利用を可能とする「都市・地域再生等利用区域」指定などのソフト支援を実施する。


2019年(平成31年) 3月15日(金)付け紙面より

「鶴岡市に設置の方向」確認 中高一貫校で県教育委員会

 県教育委員会3月定例会が13日、県庁で開かれ、先月12日に庄内町で行われた中高一貫教育校に関する庄内地区懇談会の報告などを通し、県教委の考え方をまとめるとともに今後の対応などを話し合った。この中で各委員から「酒田市以外の地元自治体から大方の理解は得られている」「計画策定以降、地元と議論を深めてきた。一定の方向性を定める時期に来ている」といった意見が相次ぎ、県教委は従来通り鶴岡市に設置する方向で、今月18日の第2回庄内地区懇談会に臨むことを確認した。

 定例会には廣瀬渉教育長をはじめ10人が出席。冒頭、庄内地区懇談会など3件の報告が行われた。先月の第1回懇談会については県側が概要を説明し、各自治体の期待や周辺への影響に対する不安といった賛否があることを報告した。

 これに対して教育委員からは「酒田東高に探究科が設置され人気を集めている。鶴岡に中高一貫校を設置して探究学習ができるなら、受験者にとって選択肢の幅が広がるのでは」「少子化が進む中、中高一貫校の設置は早期に決定して準備を進める必要がある」「自治体単位の視点ではなく、庄内地区全体の教育環境の充実、発展を望むべきでは」といった声が相次いだ。また、「十分に地域の声を聞き、説明をしながら進めてほしい」という意見もあった。第2回懇談会は18日午後6時半から三川町の県庄内総合支庁で開催される。県教委と各市町代表者が出席する予定。第2回懇談会で出された各自治体の意見を踏まえ、県教委は今月26日の臨時教育委員会で中高一貫校設置の計画案について可否を判断する。



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field