文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2021年(令和3年) 9月14日(火)付け紙面より

マンホールのふた売ります!!(酒田市上下水道部)山居倉庫や日和山などデザイン 更新に伴い県内在住者に限り受け付け

 酒田市上下水道部は、更新のため不用になった下水道マンホールのふたを販売している。初めての取り組みで、山居倉庫や日和山公園、松山城大手門、鳥海山など市内の名所、旧酒田・旧平田の市町章などが鮮やかに描かれている。重さは約40キロあるものの飾る箇所さえあれば、コレクション性は十分。同部マンホールプロジェクトでは「他県で実施している自治体があり、『酒田でも』となった。この機会に下水道を身近に感じてもらい、水道事業への理解も深めてほしい」と話している。

 マンホールのふたのデザインは、以前は市町村章のみだったが、最近は地元の名所や特産物、マスコットキャラクターなどを描いた「ご当地マンホール」が増加。自治体や業界でつくる団体「下水道広報プラットホーム」が発行している「マンホールカード」は収集者が多く、非売品、希少品ともなると、高額で取引されることもある。

 今回、市上下水道部が出品したのは、直径55―65センチの円状17点、三角形を2つ組み合わせた正方形状3点の計20点。日和山公園に立つ六角灯台と海原を行く北前船、山居倉庫へと向かう北前船が旧市章とともに描かれたものはカラー。旧八幡で使用されていたものには、おなじみだった「出羽富士の里やわた」の文字も。旧市郊外部の農業集落排水で使用されていたものは、鳥海山を背景に最上川の勇壮な流れ、こうべを垂れる稲穂で水墨画を見ているよう。いずれも1枚3300円(税込み)で販売する。

 購入できるのは県内在住者のみ。希望者は、市上下水道部ホームページ(HP)から「マンホールふた購入申請書」をダウンロードし必要事項を記入。顔写真付き本人確認証の写しを添付の上、郵送か電子メールで今月17日(金)までに申し込む。取りに来られることが条件で、応募者多数の場合は抽選。HPで販売するマンホールの形状などを公開している。

 郵送の場合は、〒998―0854、酒田市末広町14―14、酒田市上下水道部マンホールプロジェクト担当宛て。メールはsakata-water@city.sakata.lg.jp。問い合わせなどは同部マンホールプロジェクト=電0234(22)1832=へ。

酒田市上下水道部が初めて売り出すマンホールのふた。北前船の帆に描かれた旧市章が懐かしい
酒田市上下水道部が初めて売り出すマンホールのふた。北前船の帆に描かれた旧市章が懐かしい


2021年(令和3年) 9月14日(火)付け紙面より

鶴岡高専新たな「学習・交流ラウンジ」整備 学生が知的なワクワク感覚える場 学校の「顔」となる交流スペース 「世界水準の学習環境構築」森校長設計

 鶴岡市の鶴岡工業高等専門学校(森政之校長)に、新たな「学習・交流ラウンジ」が整備された。今春に赴任し「世界水準の学習環境の構築」を基本方針の一つに掲げる森校長が自ら設計したもので、学生や教職員、来訪者が学習や交流スペースなどとして活用していく。森校長は「学生が知的なワクワク感を覚える場になれば」と活用に期待している。

 1号館1階の正面玄関から入った廊下右手にある南北に細長いスペースで、広さは70平方メートル。これまでは3つに仕切り、就職関係の資料スペースとして使ってきた。しかし、関係情報はネットで入手することが増え、稼働率は落ちていた上、周辺に待ち合わせするような場所もなかったことから、同校施設・設備マネジメント委員会(委員長・山田充昭寮務主事)が検討。「学生が自由に使用でき、学校の『顔』となるフリースペース」に改装することにし、8月半ばに着工、今月9日から供用を始めた。就職関係の資料は1階の学生課の隣接スペースに移動した。

 間仕切りは取り払い、一つのオープンスペースとした。壁面は明るい木質調で、ホワイトボード1枚、デジタルサイネージ(モニター)3基を設置した。うち1基はタッチパネル方式で、学校や学生の活動を紹介する情報を自由に閲覧できるようにした。ハイテーブルやベンチ、スツールも置いた。

 活用方法は、学生や教職員、来訪者のアクティブラーニング、成果発表、刊行物の配布、学生の作品展、ミニセミナー、レクチャーなどを想定している。

 陣頭指揮を執った森校長は名古屋工業大建築学科卒の1級建築士で、文科省などで小中学校や大学の施設整備にも関わってきた。校長就任時から「オープンな学習環境によって学生、教職員がお互いに刺激し合う環境をつくりたい」と、「世界水準の学習環境の構築」を基本方針の一つに掲げている。

 森校長は供用開始に当たり、「学生が知的に触発され、知的な交流が進むような空間になれば」と活用への期待を語った。

完成した鶴岡高専の学習・交流ラウンジ。右奥が森校長=10日、記者懇談会終了後に報道陣にお披露目
完成した鶴岡高専の学習・交流ラウンジ。右奥が森校長=10日、記者懇談会終了後に報道陣にお披露目



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field