文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2022年(令和4年) 5月3日(火)付け紙面より

サクラアワード最高賞受賞 ワイナリー松ケ岡「鶴岡甲州2020」

 鶴岡市のピノ・コッリーナファームガーデン&ワイナリー松ケ岡で製造した白ワイン「鶴岡甲州 2020 GI山形ワイン」が、サクラアワード2022の最高賞ダブルゴールドを受賞した。

 サクラアワード(SAKURA Japan Women’s Wine Awards)は、日本のワイン業界で活躍する女性が審査を行う国際ワインコンペティションで、今回は4月の審査会に世界25カ国から同アワード過去最多の4652本の出品があった。県内でダブルゴールドを受賞したのは「鶴岡甲州2020」のみ。

 「鶴岡甲州」は250年以上前から鶴岡市西荒屋地区で伝承されてきた在来品種のブドウの中から樹齢50年以上のもののみを使用している。フレッシュで豊かな香り、凛とした酸味が特長。春を待ちわびた山菜、谷定孟宗、庄内浜で捕れる白身魚や岩ガキなどと相性が良く、特にすしに合うという。受賞にあたり、同ワイナリーのジェネラルマネージャーの川島旭さんは「これを皮切りに、今後さまざまなワインコンペティションに出品していく」と話した。「鶴岡甲州2020」は全て完売。「鶴岡甲州2021」は今年秋に発売を予定している。

最高賞のダブルゴールドを受賞した「鶴岡甲州2020」
最高賞のダブルゴールドを受賞した「鶴岡甲州2020」


2022年(令和4年) 5月3日(火)付け紙面より

それぞれの思い胸に成人式

 酒田市の成人式が30日、同市の希望ホールで行われた。「密」を避けるため中学校ごとに第1(酒田一、酒田二、酒田六、鳥海八幡)、第2(酒田三、酒田四、東部、その他)の2グループに分けて実施した式典には、対象1176人のうち、728人があでやかな振り袖やビシッとしたスーツ・紋付き姿で出席した。

 対象となったのは2001年4月2日―02年4月1日生まれ。このうち390人が出席した第1グループでは、いずれも成人式実行委員を務めた佐藤諒多さん(20)、薄木杏奈さん(20)が「コロナ禍の制限を経験した私たちはどんな困難も乗り越えられる。子どもたちの笑顔があふれる酒田になるよう、精いっぱい努力していく」と所感を述べた。

 4月1日の成人年齢引き下げに伴い、「成人式」と称した式典の開催は今回が最後。

 庄内町の成人式は30日、同町の響ホールで行われた。

 同町では毎年夏に成人式を行ってきたが、新型コロナウイルス感染症対策のため、延期となっていた。同町の対象者は2000年4月2日から01年4月1日までに生まれた228人。この日は新成人と来賓ら計約150人が出席した。

 新成人を代表し海老原虹介さん(21)=庄内町払田、会社員=が「成人を迎えられたことは自分一人の力ではない。これまで関わってくださった全ての方に深く感謝し、お世話になった人に恩返しができるよう努めていく」と決意を述べた。

成人式で所感を述べる薄木さん(左)と佐藤さん=酒田市
成人式で所感を述べる薄木さん(左)と佐藤さん=酒田市

町民憲章を唱和する新成人=庄内町
町民憲章を唱和する新成人=庄内町



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field