文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2022年(令和4年) 5月17日(火)付け紙面より

酒田まつり告げる神宿開き 上・鷹町稲荷神社と下・祖父山会館


 酒田市中心部を華やかに彩る酒田まつり(本祭・20日)の神宿(とや)開きが15日、上、下両神宿で行われ、住民が所蔵する珍しい美術品や工芸品の数々が訪れた人の目を楽しませている。

 酒田まつりは、上日枝神社(浜田一丁目)、下日枝神社(日吉町一丁目)の例大祭で、江戸時代前期の1609年から一度も欠かさず続けられている。規模こそ縮小するものの、山車行列パレード、式台の儀、江戸期以降の酒田の通史を紹介する「時代行列」といった一連のイベント、露店出店など3年ぶりに通常の態勢で実施。酒井家庄内入部400年記念事業として第18代当主・酒井忠久さんが来賓として式台の儀に出席する予定になっている。

 今年は、上は2自治会による第二区神宿組合(渡部英男委員長)が鷹町稲荷神社(相生町一丁目)、下は7自治会による第五神宿組合(小野寺輝雄委員長)が祖父山会館(中央東町)にそれぞれ神宿を設置した。

 上神宿は、本間家第3代・光丘翁が祇園祭にならって京の人形師に発注した「本間家の亀笠鉾」(市指定有形民俗文化財)のミニチュア「酒田山王祭り本間家山車・亀笠鉾行列」、「抱き角」の印が入った桃山時代の甲冑(かっちゅう)、地域住民手作りの能面などが並ぶ。

 下神宿は高級洋酒の空き瓶、ブリキのおもちゃ、明治時代初期のカメラ、山村のジオラマ、ツートラテープレコーダーなどがある他、「神様から今の酒田を見てもらいたい」という思いから小型無人機「ドローン」で空撮した酒田の風景を上映している。両神宿とも16日に鉾立て神事が行われ、設置は21日(土)まで。

 一方、酒田まつりの開会を宣言するとともに、期間中の無事故、好天を祈る安全祈願祭が15日午後、中町モールで行われ、関係者約20人が出席。久木原満実行委員長、丸山至市長らが神前に玉串をささげた。

鷹町稲荷神社を活用した上神宿
鷹町稲荷神社を活用した上神宿

祖父山会館で行われている下神宿
祖父山会館で行われている下神宿


2022年(令和4年) 5月17日(火)付け紙面より

有観客で1万発 赤川花火 8月20日 席数抑え4万人分

「安心安全大前提に笑顔と感動を」
デザイン花火競技大会なし時間短縮

 赤川花火大会実行委員会(佐藤友昭大会会長)は16日、鶴岡市伊勢原町の公益社団法人鶴岡青年会議所会館で記者会見を開き、今年は8月20日(土)に赤川河川敷で約1万発を打ち上げると発表した。観客席はこれまでの約8万人収容から新型コロナウイルスの感染防止対策のため4万人に抑え、ソーシャルディスタンスを取る。

 大会名は「赤川花火プレゼンツ2022」で、テーマは「Smile&Peace」~地域に元気を、子供たちに笑顔を~。コロナの収束と世界平和に願いを込める。打ち上げ場所は三川橋から羽黒橋までの区間。大会当日は午後7時半に打ち上げを始め、スターマインや1尺玉など約1万発が夏の夜空を焦がす。コロナ禍前の29回大会まで行っていた全国花火師による「デザイン花火競技大会」を実施しない分、終了時間は約30分早い午後8時半を予定する。

 観客席は2万8000席の有料観覧席(4000~2万2000円)と1万2000席の無料観覧席を設ける。有料観覧席は7月1日から発売。無料観覧席は鶴岡市と三川町に住む人が対象で、6月1日から申し込みを受け付ける。抽選で決め、当選者(入場チケット)には6月下旬まで郵送する。観覧席の升席は、これまでの1・8メートル四方から2メートル四方に大きくし、最大4人(これまでは6人)までとする。会場に露店は出ない。ただし飲食物の持ち込みはOKとする。羽黒橋側、三川橋側、中央の3つのゲートを設け、当日午後5時からの入場を検討している。

 鶴岡青年会議所理事長の佐藤大会会長は「コロナ禍となった2020年は延期、昨年は規模を縮小して行った。『見応えのあるいつもの赤川花火を』という市民の声を受け、実行委員会で『安心安全』を大前提に話し合いを進めてきた。地域を盛り上げ、多くの人たちに笑顔と感動を与える大会にしたい」と語った。

 実行委では、会場に来られない人たちのために動画配信することも検討している。

 「感動日本一」と言われる赤川花火大会に―と会見する実行委の代表メンバー
「感動日本一」と言われる赤川花火大会に―と会見する実行委の代表メンバー



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field