文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(平成30年) 6月1日(金)付け紙面より

子どもとの関わり方を学ぶ

 三川町教育研究所(所長・小野寺茂義押切小校長)主催の生徒指導等講座が30日、同町公民館で開かれ、町内の教員らが指導方法や子どもとの関わり方について学んだ。

 講座は教員の指導力向上を狙いに毎年実施している。今回は千葉科学大の熊谷圭二郎准教授を講師に迎え「Q―Uを活用した授業づくりと教師のかかわり方」のテーマで開催。

 「Q―U」とは楽しい学校生活を送るためのアンケートで、児童生徒への理解・対応方法・学級集団の状態などを把握することができる。三川町では町が予算を確保し、小中学校で年2回実施している。

 この日は町内の幼稚園、保育園、小中学校の教員を中心に126人が出席。熊谷准教授はQ―Uの目的や内容、活用について説明。「Q―Uと自分の指導タイプを理解、意識し、効果的な授業展開・対応を考えなければ」と述べた。さらに「先生も時代に合わせて変わらなければ。子どもたちに自分の人間的魅力が伝わるような対応、子どもたちを受け入れることが大切」と話した。

講演した熊谷准教授
講演した熊谷准教授



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field