文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


ページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(平成30年) 6月12日(火)付け紙面より

幽玄の世界観客魅了 かがり火の下「松山城薪能」

 今年で37回目を迎えた「花の能 羽州庄内松山城薪能」が9日夜、酒田市の松山歴史公園多目的広場で開かれた。かがり火の下、地区に伝わる松山能(県指定無形民俗文化財)が演じられ、幽玄の世界が観客を魅了した。

 松山能は約360年の歴史を持ち、明治以降は地元の演能団体「松諷社」(榎本和介会長)が継承。薪能は1982年、松山歴史公園の完成を祝って始まり、以来、毎年この時期、松山能振興会が中心になって開催。霊力が宿る桜花が散った後、悪霊が悪さをするのを防ぐ「花鎮(はなしずめ)の儀」になぞらえ、豊作への願いを込めて演じている。

 午後6時からの狂言「棒縛り」で座が和んだ後、太鼓の音とともに舞台両脇の薪の籠に火が入れられ、かがり火がともった。徐々に夕闇が濃くなっていく中、能「殺生石」が演じられた。後段になり、霊力によって石の上を通る鳥を殺すなど悪事を働いてきた野干(やかん、妖狐)が赤頭の正体を現すと、クライマックスに。観客は、背景の松山城大手門のしっくいの壁や、大きな松による天然の鏡板、時折火の粉を舞い上げるかがり火という独特の雰囲気の中、引き込まれるように見入っていた。

かがり火の下、松山能の「殺生石」が演じられた
かがり火の下、松山能の「殺生石」が演じられた



ページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field