文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


ページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2017年(平成29年) 8月19日(土)付け紙面より

鶴岡市の「かたくり温泉ぼんぼ」 4カ月で2万人突破

 地元住民らによる新体制で運営を引き継いだ鶴岡市熊出の日帰り温泉施設「かたくり温泉ぼんぼ」の入浴者数が、4月からの再開後、7月末で2万人を突破し、6万人の年間目標達成も可能なペースで推移している。管理運営組合の渡部巌理事長は「存続を歓迎する声をたくさんもらっている。さらに健康の喜びを分かち合える施設を目指す」と話している。

 利用者数は、4月は4634人(前年同月比10%増)、5月は5416人(同16%増)、6月は4825人(同23%増)、7月は5233人(同24%増)。4カ月間で合わせて前年同期と比べ18%増の2万108人となった。営業日数の増加や、集客と健康増進を目的とした各種イベントの開催など営業努力の効果とみられる。

 地元企業をはじめ、東京朝日会など地元出身者からの協賛金、イベント開催や除草、修繕、清掃などでは地元ボランティアからの多方面の協力もある。渡部理事長は「利用者の増加は多くの方から頂いている応援の表れ。ありがたい」とし、引き続き協力を求めている。

 一方で、鶴岡市内の温泉施設の利用状況は全体的に縮小傾向にある中で、「利用者の奪い合いの状況を避け、他の施設と連携して新規利用者の掘り起こしの方策を探りたい。高齢の利用者にとって温泉は交流や健康寿命増進の場であり、地域全体に大きく寄与する施設。新しいアイデアを入れながらやっていきたい」と話した。

 ぼんぼは、1993年12月に当時の旧朝日村が住民の健康福祉施設として開設。建設時の整備費は約3億4200万円。合併後は鶴岡市が引き継ぎ、地元の社会福祉法人朝日ぶなの木会に管理を委託。入浴者数は95年の15万2340人がピークで、その後ほぼ減少傾向をたどり、2015年は6万人を初めて下回った。市は、恒常的な赤字運営や施設老朽化、利用者の低迷などを理由に今年3月末での休止を決めたが、住民主体の運営組合が名乗りを上げ、運営を引き継いだ。



ページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field