文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


ページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 10月20日(日)付け紙面より

善寳寺で聖観世音菩薩像の開眼法要

 鶴岡市下川の龍澤山善寳寺(五十嵐卓三住職)で18日、聖観世音菩薩像の開眼法要が行われた。京仏師の手掛けた尊像がお披露目され、参列した信徒らが手を合わせた。

 聖観世音菩薩像は、京仏師・櫻井覺山さん(40)が2年かけて制作。2016年に櫻井さんが同寺草創にもゆかり深い妙達上人の尊像を手掛けたことから、「ぜひ櫻井さんの観音様も見たい」との信徒らの要望を受け、五十嵐住職が発願した。台座を含め高さ約190センチでヒノキの寄せ木造り。両目に水晶を入れた「玉眼」が施され、まなざしに潤いをたたえる。

 この日の法要では、隣県から訪れた講中の信徒など合わせて約100人が参列。観世音菩薩の「普門示現」について説いた曹洞宗大本山・總持寺の青山俊董顧問による法話の後、厳かな雰囲気の中五十嵐住職が筆先を仏像に向けて入魂、僧侶らが祈りをささげた。總持寺の乙川暎元監院老師の祝辞に続いて五十嵐住職が「信徒の皆さんと共に歩む善寳寺の道を探してまいりたい」、櫻井さんが「命を削る思いで制作した。皆さんの灯の一つとなれば」と述べた。この日は、聖観世音菩薩の奉納演奏としてジャズコンサートも行われた。

開眼大祈祷で、筆を手にした五十嵐住職(右)が聖観世音菩薩像に入魂
開眼大祈祷で、筆を手にした五十嵐住職(右)が聖観世音菩薩像に入魂



ページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field