文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


ページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(平成30年) 6月23日(土)付け紙面より

クラゲが占うサッカーW杯 第2戦“日本の勝利”

 サッカーワールドカップロシア大会「日本対セネガル戦」(24日)の行方は―。鶴岡市立加茂水族館(奥泉和也館長)のクラゲたちが22日、日本代表第2戦の勝敗を占った。結果は日本の勝利。

 第1戦コロンビア戦のクラゲたちの予想が外れて、奥泉館長は「外してくれて本当に良かった」と胸をなで下ろしながらも、第2戦の的中をクラゲたちに託した。

 白、青、茶色の通称・カラークラゲ30匹が漂う円柱水槽に、「日本」「セネガル」「引き分け」の3つの容器を沈めて“キックオフ”。水流でクラゲたちがゆらゆら漂い始め、容器はゆっくりと回転。序盤は静かな展開だったが、開始から4分ほどで試合が動いた。

 最初に水流に乗って上層へ抜け出したクラゲがセネガルの容器に近づいたが、枠にはじかれた。続いて茶色の3―4センチほどの小さなクラゲが日本の容器に収まった。奥泉館長は「最初のチャンスはセネガルだったが、ゴールポストにはじかれた」と展開を振り返った

 “小兵”のクラゲが試合を決めた。セネガル戦で活躍するのは―。

茶色の小さなクラゲが容器に収まり「日本の勝利」と占った=加茂水族館
茶色の小さなクラゲが容器に収まり「日本の勝利」と占った=加茂水族館



ページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field