文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


ページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 12月8日(日)付け紙面より

待ちわびたスキーヤーどっと!!

 鶴岡市田麦俣の湯殿山スキー場が7日、今シーズンの営業を開始した。初日から滑走可能となり、オープンを待ちわびたスキーヤーらが雪の感触を楽しんだ。

 この日はリフト運行前に、関係者25人と一般来場者50人余が参列して安全祈願祭を実施。神事に続いて、山口朗鶴岡市副市長ら11人が玉串をささげ、今シーズンの無事故を祈願した。

 午前10時半すぎに動き始めたリフトの前は大渋滞のにぎわいぶり。穏やかな天候の中、大人から子どもまで白銀のゲレンデを思い切り楽しんでいた。

 同市羽黒町上野新田の会社員、百瀬秀徳さん(31)は「近隣では最も早くオープンするし、雪質とコースが充実しているのがいい」。長女の杏珠(あんじゅ)ちゃん(5)は「今日は頑張って10本は滑る」と張り切っていた。

 同スキー場では、正面ゲレンデに設置してあった第2ロマンスリフトが昨シーズンから老朽化で廃止。今シーズンも2基の運行となる。市では、リフトの建設も含めたスキー場整備計画の調整を進めており、設置までは今後3年以上要する見込みという。

オープン初日を迎え、大にぎわいの湯殿山スキー場=7日午前
オープン初日を迎え、大にぎわいの湯殿山スキー場=7日午前


2019年(平成31年) 12月8日(日)付け紙面より

シーズン幕開け無料開放 小真木原スケート場

 鶴岡市の小真木原スケート場が7日、今シーズンの営業をスタート。屋外リンクに子どもたちや家族連れの楽しそうな歓声が響いた。

 同スケート場は小真木原テニスコートの一部に1800平方メートル(30メートル×60メートル)のスケートリンクを設け、毎年12月中旬から2月下旬まで営業している。

 初日は管理運営する鶴岡市体育協会による安全祈願祭やテープカットが行われた後、午前10時からリンクが無料開放された。待ちかねた家族連れや子どもたちが早速、初滑りを楽しんでいた。家族4人と一番乗りで来場した鶴岡アイスホッケースポ少「ブラックブリザード」に所属する山口拓翔(ひろと)君(9)=朝暘四小3年=はリンクに飛び出しアクセル全開で滑走。「もっとスケーティングがうまくなるように頑張りたい」と今シーズンの目標を話した。妹の紗彩(さや)ちゃん(3)はこの日がスケート初体験。初めはお姉ちゃんと手をつないで、しばらくすると一人で立って歩き出し、転びながらもにこにこ顔で夢中で楽しんでいた。

 8日(日)も無料開放が行われる。営業時間は平日が午後1時から同6時、土日祝日、年末年始(1日休場)は午前10時から午後7時。第2、第4土曜日は高校生以下無料。料金は中学生以下210円、高校生など320円、大人530円。貸し靴はいずれも別途320円。

一人で上手に滑れたよ―。お姉ちゃんと一緒にスケート初体験
一人で上手に滑れたよ―。お姉ちゃんと一緒にスケート初体験



ページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field