文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


ページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 8月21日(水)付け紙面より

笹川・今野川両土地改良区 合併へ予備契約を調印

 鶴岡市の笹川土地改良区(藤浪二丁目、村上誠理事長)と今野川土地改良区(羽黒町荒川、山口三郎理事長)の合併予備契約調印式が19日、同市のグランドエル・サンで行われた。9月の両土地改良区の総代会での合併決議を経て、来年4月1日の統合を目指す。

 農業者の減少や高齢化の進展、農村集落機能の低下、農産物価格の低迷など農業経営が厳しさを増す中、環境への配慮を含めた農業水利施設の多面的維持など土地改良区が担う機能の拡充が求められている。こうした背景を基に、両土地改良区は経営基盤の強化や運営の合理化を目的に統合を判断し、2017年3月に統合整備検討委員会を設置。昨年4月には合併推進協議会を設立して統合整備計画書を取りまとめるなど準備を進めてきた。

 統合は笹川土地改良区が今野川土地改良区を吸収する形で行い、笹川が存続土地改良区となる。合併後の管理面積は2647ヘクタール、組合員794人。総代数43人で、理事9人、監事3人、職員数12人の体制とする。

 調印式には両土地改良区の役員や総代、県や市、庄内地域などの土地改良区関係者ら約100人が出席した。笹川土地改良区の村上理事長が式辞で「両土地改良区は、大規模な土地改良事業で造成された農業水利施設の維持管理の中心的役割を果たし、農業基盤の整備を図り、農業の生産性向上に取り組んできた。合併を機に、組合員の負担軽減を図り、地域農業の振興、発展に関係機関と一体となってさらに尽力し、組合員の負託に応えられるよう頑張っていきたい」と述べた。

 今野川土地改良区の山口理事長の経過報告の後、皆川治鶴岡市長を立会人に、両理事長が契約書に調印。式後は祝賀会を開いた。

 合併後、同市内の土地改良区は新生・笹川土地改良区、庄内赤川土地改良区、西郷土地改良区、因幡堰土地改良区の4組織となる。

合併予備契約書に調印し握手を交わす、左から村上理事長、立会人の皆川市長、山口理事長
合併予備契約書に調印し握手を交わす、左から村上理事長、立会人の皆川市長、山口理事長



ページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field