文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


ページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 6月18日(火)付け紙面より

加茂水族館 アシカの赤ちゃん誕生

 鶴岡市立加茂水族館は15日、カリフォルニアアシカの赤ちゃんが誕生したと発表した。性別は不明だが、母親に寄り添い母乳を飲んだりして元気な様子だという。

 同水族館でカリフォルニアアシカの出産は6例目で、無事に育てば5年ぶりになる。母親はアンジュ(10歳)、父親はコア(8歳)。アンジュの出産は3回目で、2017、18年は死産だった。今回は13日昼すぎから、アンジュが鳴きながら陸場とプールを行ったり来たりするなど落ち着かない様子を見せ、同日午後1時40分に飼育員に見守られながら出産した。14日午前9時半ごろには授乳が確認された。

 奥泉和也館長は「無事に生まれてとてもうれしい。出産後に生存しているのは5年ぶりで、元気に育ってほしい」と話している。体長や体重、性別は母子の健康状態を見ながら確認し、その後に公開時期を判断していく。同水族館では別のカリフォルニアアシカ1頭にも妊娠の兆候があるという。

母親のアンジュ(左)に寄り添う赤ちゃん(鶴岡市立加茂水族館提供)
母親のアンジュ(左)に寄り添う赤ちゃん(鶴岡市立加茂水族館提供)



ページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field