文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


ページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2021年(令和3年) 5月8日(土)付け紙面より

田植え本格化!! 残雪の鳥海山に見守られ(遊佐町 富岡)

 庄内地方で、田植えが本格化している。きれいな青空が広がった6日、遊佐町内の田んぼでは、残雪と山肌のコントラストが鮮やかな鳥海山に見守られながら、田植え機を走らせる農家の姿があちこちで見られた。

 同町富岡の農業、佐藤伸弘さん(48)は5日に田植えを開始。9日までに、はえぬきと雪若丸、飼料用米の「ふくひびき」を計5・7ヘクタールの田んぼに植え付ける予定という。好天に恵まれて苗は順調に生育した。作業を手伝った父親の幹夫さん(79)は「田植え後の天候が根付きの良しあしを左右し、秋の実りにも影響する。少なくてもここ1週間ほどは穏やかな天気が続いてほしい」と話していた。

 県庄内総合支庁酒田農業技術普及課によると、管内(酒田市、遊佐町)の平年の田植えは、全体の5%まで進む「始期」が5月8日、ピークは5月12日で、今年もほぼ例年並みになると見込んでいる。

残雪が輝く鳥海山をバックに田植え作業が進む=遊佐町富岡
残雪が輝く鳥海山をバックに田植え作業が進む=遊佐町富岡


2021年(令和3年) 5月8日(土)付け紙面より

花々で癒やされて「母の日」アレンジメントづくり盛況 カラフル系人気 今年も分散型の月間PR

 「母の日」(9日)を前に、庄内地方の各生花店は、母親に感謝を込めて贈る花束やアレンジメント作りに追われている。

 鶴岡市東原町の「花蔵(はなぞう)」では今年、大型連休の初めごろから予約注文が入り始めた。店主の三浦淳志さん(55)によると、人気の色は、以前は白やグリーンの清そな感じだったが、最近は赤やピンク、黄色、オレンジなど暖色をふんだんに使った「カラフル系」。花の種類は定番のカーネーションだけでなく、ガーベラやバラなど華やかさを求める傾向が強いという。

 三浦さんは「コロナ禍で家にいることが多いので、少しでも晴れやかな気分にという思いの表れでは」とする。

 最近はまた、球状にボリューム感たっぷりにまとめる花束も人気。コロナ禍で会えない遠方の母親に、生花から水分を抜いた「プリザーブドフラワー」などを送る注文も増えている。業界ではコロナ禍の昨年来、集中を避けるため5月いっぱいを「母の日月間」としてPRしていることもあり、注文も同日に限らず前後に分散化する傾向にある。価格は3000円前後が中心。

 三浦さんは「花をもらうと心が癒やされる。9日を過ぎてからでもいいので、思いを込めた花を届けて」と話した。

予約注文が入った「母の日」用の花束を作る三浦さん=7日午前、鶴岡市の花蔵
予約注文が入った「母の日」用の花束を作る三浦さん=7日午前、鶴岡市の花蔵



ページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field