文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


ページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2021年(令和3年) 2月28日(日)付け紙面より

ゲームクリエーターの仕事って? 広野小

 子どもたちの職業観を養おうと酒田市の広野小学校(齋藤太校長)で26日、ゲームクリエーターの水越俊一さん(酒田エス・エー・エス開発部長)を講師に招いた、キャリア教育の授業が行われた。

 この日は水越さんが同校を訪れ、6年生13人を前に「仕事とは」「働くとは」「プロフェッショナルとは」などについて講話。水越さんは「働く目的はお金ではない。みんなに楽しく遊んでもらえるゲームを作ることにある。お金のために働くと道を間違える」と話し、「相手に喜んでもらうためには、相手のことを研究する。相手の気持ちになって考えてみることが大事」と続けた。

 講話の後の質疑応答では児童らから「一つのゲームを作るのにどのくらいの時間がかかりますか」などの質問が出され、水越さんは「メダルゲームの場合、企画に2カ月、プログラムに3カ月、テストに1カ月で半年くらい。テレビゲームは3年くらいかかる」などと詳細に説明。

 講話を聞いた村上一颯君(12)は「仕事の内容を細かく教えてもらえて、いろんな人が関わってゲームが出来上がることが分かった。将来はゲームクリエーターになりたい」と話した。

 水越さんはこれまで20タイトル以上のゲーム開発に携わり、代表作は「ムシキング」「ファンタシースター・オンラインES」などという。

水越さんの講話に聞き入る児童たち
水越さんの講話に聞き入る児童たち



ページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field