文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


ページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 9月23日(水)付け紙面より

「芸術の秋」を堪能 サカタアートマルシェ イベント多彩に

 音楽や美術、伝統芸能などさまざまなジャンルの芸術文化に触れ合う「サカタアートマルシェ2020祈りと希望」の一環で21、22の両日、会場となっている酒田市飯森山三丁目の市美術館、出羽遊心館で多くの芸術文化イベントが行われ、秋晴れの下、市民らが「芸術の秋」を堪能した。

 アートマルシェは、文化芸術の振興をまちづくりの柱の一つに据えようと市が2018年、「市文化芸術基本条例」を制定したことを受け、市文化芸術推進プロジェクト会議(工藤幸治会長)と市が、子どもからお年寄りまでがさまざまなアートに気軽に触れる場を設け、五感を使って楽しんでもらおうと昨冬、今冬に引き続き企画した。

 コロナ禍の中、今回はテーマとして命の大切さ、共生社会を掲げた。メーンは企画展「いいいろ、いろいろ」。疫病退散の妖怪「アマビエ」を描いた市民による作品、福祉事業所通所者らから募集した絵画、酒田市出身の芸術家・佐藤真生さんの作品群を市美術館市民ギャラリーと出羽遊心館に展示している。

 21、22日は、ワークショップ「おそとでアート」、山形交響楽団による「風と光のコンサート」。酒田舞(まい)娘(こ)による演舞、紙芝居師・米田佐之助さん(よねさん)の公演、フラワーアーティスト・畠山秀樹さんと筝曲・高瀬雅楽秋さんのコラボ企画など多くのイベントが行われた。このうちよねさんの公演では、集まった市民ら30人を前に、戦争の悲惨さ、日常の尊さを訴える紙芝居「我慢の心」とともに、クイズ、庄内弁講座を上演。屋外の上、少人数での開催となったことで演者と観客の一体感が生まれ、独特の世界観を醸し出していた。よねさんは「屋外開催となったが、好天に恵まれた。開放感が気持ちよかった」と話した。

 企画展「いいいろ、いろいろ」は27日(日)まで。入場無料。問い合わせなどは市社会教育文化課=電0234(24)2982=へ。

市民らが芸術文化を堪能=21日午後、市美術館中庭
市民らが芸術文化を堪能=21日午後、市美術館中庭



ページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field