文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


ページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2017年(平成29年) 6月28日(水)付け紙面より

ニュージーランドのスミス選手 おしんレースへ招待 東京五輪ホストタウン交流

 2020年東京五輪・パラリンピックにおけるニュージーランド・トライアスロンチームの「ホストタウン」として登録された酒田市が招待し、市内で開催された第32回みなと酒田トライアスロン「おしんレース」(25日)に出場、エイジの部で優勝したカイル・スミス選手(19)=同国・タウポ市=が26日午前、酒田市庁舎を訪問し、丸山至市長らと懇談した。

 スミス選手は2014年に開催された世界ジュニアアクアスロン(スイム+ラン)選手権で優勝して頭角を現し、昨年はオセアニアトライアスロン連合(OTU)スプリントオセアニアカップのフィジー大会で優勝するなど活躍、東京五輪出場を目指している。

 市の招待で今月23日に酒田入りし、同日夕には県立酒田光陵高校(鈴木和仁校長)を訪れ、生徒たちと交流。24日夕のおしんレースカーボパーティーにも出席した。

 25日のレース(スイム1・5キロ+バイク40キロ+ラン10キロ)では、他を全く寄せ付けず唯一、2時間を切る1時間53分05秒のタイムで優勝。その足で市光ケ丘陸上競技場に駆け付け、子どもたちと交流した。

 26日は地球儀をかたどったおしんレース優勝トロフィーを手に訪問し、丸山市長、東北公益文科大ニュージーランド研究所長を歴任した矢口明子副市長と懇談。スミス選手は「おしんレースはクールなレース。酒田はもう一つのホームだ。機会があれば、再び来たい」と語った。丸山市長は「東京五輪にぜひ出場してほしい。その際は東京に行って応援の旗を振りたい」と述べた上で、「酒田とニュージーランドをつなぐアンバサダーになって」と続け、「国際親善市民証」を手渡した。

 スミス選手は同日午後、空路で帰途に就いた。

丸山市長(右)から国際親善市民証を受けるスミス選手=26日
丸山市長(右)から国際親善市民証を受けるスミス選手=26日

「おしんレース」で力走するスミス選手=25日
「おしんレース」で力走するスミス選手=25日



ページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field