文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


ページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 1月19日(日)付け紙面より

子育て支援の新たな中核施設へ 「浜田・若竹統合保育園」新築工事安全祈願祭

 酒田市が同市亀ケ崎六丁目地内に整備する「浜田・若竹統合保育園」(仮称)の建設工事安全祈願祭が18日、現地で行われた。市街地における子育て支援の新たな中核を目指す施設で、来年4月の開園に向け、工事が始まった。

 老朽化した浜田保育園(新井田町、定員90人、1977年12月完成)、若竹保育園(若竹町二丁目、同60人、67年4月完成)の市立保育園2園を統合し、全面的に新築。少子化の中、子育て支援のニーズが高まり、行政の人口減少対策でも同支援施策が重要視される中、市街地で手薄な特別保育を新たに始めるなど機能を拡充、市街地における子育て支援の中核を目指す。

 敷地は民間から取得した5664平方メートル。ここに木造一部鉄筋コンクリート造り平屋建て、延べ床面積1795平方メートルの建物を整備する。0―5歳の年齢別の保育室や、大・小遊戯室、調理室、事務室、医務室、子育て支援センター、園庭にはプールや砂場などを備える。構造材や内外装に酒田産材を多用し、ぬくもりある造りとする。

 定員は少子化を踏まえ、現2施設の合計より10人少ない140人。現2施設では行っていない特別保育(一時預かり、休日保育)を新たに始める。また、子育て支援センターは松陵保育園(住吉町)にある現施設を移転し、未就園児と保護者の触れ合いや各種相談業務などを担う。同センターには災害時、妊婦らを受け入れる福祉避難所の機能を持たせ、キッチンやトイレ、シャワーなども整備する。総事業費は土地購入費を含め約10億円を見込む。

 この日の安全祈願祭には市や地域住民、工事関係者ら約40人が参列。丸山至市長らがくわ入れを行い、工事中の安全を願った。丸山市長はあいさつで「事故なく完成することを祈念。本市の子育て施策をさらに充実させていく」と述べた。

安全祈願祭でくわ入れを行う丸山市長
安全祈願祭でくわ入れを行う丸山市長

浜田・若竹統合保育園の完成予想図
浜田・若竹統合保育園の完成予想図


2020年(令和2年) 1月19日(日)付け紙面より

令和の年金広報コンテスト 動画部門で最高賞

 大学生を含む若い世代の国民年金加入促進に向け、酒田市の東北公益文科大学(酒田市、吉村昇学長)で年金について学んでいる2年生5人が制作した動画「年金知らない人にクイズを出してみた」が、厚生労働省主催「令和の年金広報コンテスト」動画部門で最高賞の厚労大臣賞を受けた。5問のクイズを通して年金に関する知識を深めていく内容で、動画共有サイト「YouTube」内にある同省の「MHLWchannel」で閲覧できる。

 同コンテストは、次世代を担う若い世代と共に年金について考えていくことを目的に同省が本年度初めて企画。同省年金局によると、ポスター、動画、自由形式の3部門に全国各地から計426点の応募があった。

 若年層の国民年金未加入・保険料未納が社会問題化する中、阿部公一公益大教授(社会保障論、公的年金論など)のゼミ生らは2016年度から「国民年金加入行動啓発プロジェクト」と銘打ち、若年層に国民年金の「自分ごと化」を促すための動画を制作し、これまでに7本を「YouTube」にアップしている。

 本年度は、阿部教授が指導する「プロジェクト型応用演習」を履修した2年生20人が3グループに分かれて担当。阿部教授や3、4年生の指導を受けながら企画・構成・演出・撮影・出演を分担し、年金に関する動画を計4本制作、同コンテストに応募した。

 最高賞を受けたのは、渡部謙史朗さん(20)=鶴岡東高出身=を代表に、須賀陸さん(20)=新庄南高出身、今田清午さん(20)=新庄北高出身、平岩愛貴さん(20)=新庄南高出身、澤内拓実さん(20)=岩手・福岡高出身=の5人によるAチーム。動画で出題されたクイズは歴史上の出来事、昔話、地理に関連し、例えば「老齢基礎年金」に関するクイズは「浦島太郎がもらったのは玉手箱ですが、開けておじいさんになった浦島太郎はどんな年金をもらえるでしょうか」と、堅いイメージがある年金をかみ砕いて理解できるようにしているのが特長。「年金はどうしても堅いイメージ。最後に笑ってもらいたい」(渡部さん)と、エンディングにNGシーンを盛り込んだ。

 授賞式は今月15日に厚労大臣室で行われ、代表して渡部さんが加藤勝信大臣から賞状を受け取った。「大臣から『面白かった』と言ってもらえた」と話す渡部さんは「このような賞を頂くのは初めてで、大変うれしい。頑張ったかいがあった」と述べ、「年金は老後にもらうものと思っていたが、授業を通して他にもいろいろな制度があることを知った。若い世代から加入するという気持ちを持ってもらえたら」と話した。

賞状を手にする渡部さんはじめ最高賞を受けた学生5人。左は阿部教授
賞状を手にする渡部さんはじめ最高賞を受けた学生5人。左は阿部教授



ページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field