文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


ページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2017年(平成29年) 12月13日(水)付け紙面より

酒田で「岸洋子メモリアルうたごえ」コンサート

 酒田市出身のシャンソン歌手、故岸洋子さん(1934―92年)の楽曲を歌い継いでいこうと、今年5月に設立した「岸洋子を歌いつぐ会」(高瀬靖会長)による「岸洋子メモリアルうたごえ」が12日、同市の希望ホールで開かれ、同会事務局長を務める元音楽教師の佐藤喜和子さん(酒田市新橋四丁目)の指導で、市民らが「希望」をはじめとした岸さんの楽曲、唱歌を合唱した。

 高瀬会長が代表を務める「かたりべ玉てばこ」(同市)は今年3月、「心をつなげよう歌の力」をテーマに「春の『玉てばこ』コンサート」と銘打ったコンサートを市内で開催。本県に縁のある音楽家でつくるアンサンブル・ノエルの伴奏で、集まった市民約150人が「夜明けのうた」などを合唱した。

 同コンサート開催に奔走した高瀬会長、佐藤事務局長は「これからも岸さんの歌を歌い継いでいこう」と、岸さんの没後25年という節目に合わせて市民に呼び掛け今年5月に「歌いつぐ会」を設立。会員は趣旨に賛同した10人ほど。

 岸さんの忌日(12月11日)に合わせた今回のイベントは、ひらた歌声喫茶「すまいる」と共に実施し市民ら約150人が参加。佐藤事務局長のリードで、「希望」「夜明けの歌」「冬景色」「カチューシャ」「追憶」「愛の讃歌」といった楽曲で館内に歌声を響かせた。高瀬会長は「岸さんの歌声がわれわれの耳から消え去ることはない。郷土の先輩で、いつまでたってもお姉さんという感じ」と話した。

佐藤事務局長(左)のリードで合唱する参加者たち
佐藤事務局長(左)のリードで合唱する参加者たち



ページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field