文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


ページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2017年(平成29年) 1月8日(日)付け紙面より

井上農場(鶴岡市渡前)のつや姫 おにぎり食味日本一

 鶴岡市渡前の井上農場(井上馨代表)のつや姫が、一般社団法人おにぎり協会(東京都)主催の第1回おにぎり食味会で、1位に選ばれた。「冷めてもおいしい」のキャッチコピーを持つ県産米のつや姫が、「おにぎり向きの銘柄」として高く評価された。井上代表は「有名銘柄の中でトップに選ばれ、うれしいと同時に驚いている」と話している。

 おにぎり食味会は、同法人が取り組むおにぎり普及活動の一環で昨年12月上旬に初めて実施したもの。結果は5日に公表された。同協会によると、お米マイスターなどの有識者がスコアリングする本格的なおにぎりの食味ランキングは日本初という。

 審査は、「デビューから10年以内」に限定して全国各地からピックアップした9銘柄を対象に、同法人の中村祐介代表や、5つ星お米マイスターなどの有識者3人が実際に食べて、▽食味▽食感▽適度な硬さ▽粘り▽のどごし―といった評価項目の他、おにぎりに特化した項目▽くちほどけ▽包容力▽冷めてうまい―の3点を特に重視して採点。中でもつや姫は「甘味の広がりは特筆もの。張りがあって粒の中身の味が分かる」などと評価され、「ゆめぴりか」「新之助」「青天の霹靂」「銀河のしずく」といった新ブランド米の中でトップに輝いた。

 井上農場では、水稲の作付面積は約40ヘクタール。いずれも、化学合成農薬と化学肥料の窒素成分を地域の慣行レベルから5割以上削減して生産するこだわりの「特別栽培米」。食味向上に向けて、糖蜜や海藻エキスなど自然由来の活力剤を稲に散布するなど独自の栽培方法で米作りに取り組む。

 井上代表は「生産者や技術者など、つや姫に関わる全ての人にとって喜ばしい話題。お客さんが笑顔になるような米作りをこれからも続けていきたい」と話した。

おにぎりに向く銘柄として1位に選ばれた「つや姫」のパッケージを持つ井上代表(右)と、長男の貴利部長。井上農場のつや姫は市内の主婦の店、清川屋、個人発送などで販売している
おにぎりに向く銘柄として1位に選ばれた「つや姫」のパッケージを持つ井上代表(右)と、長男の貴利部長。井上農場のつや姫は市内の主婦の店、清川屋、個人発送などで販売している



ページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field