文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


ページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2017年(平成29年) 5月14日(日)付け紙面より

熱くないですか 足浴など看護体験

 「看護の日」(12日)と「看護週間」(7―13日)にちなんだ「ふれあい看護体験」が12日、鶴岡市の市立荘内病院(三科武院長)で行われた。高校生たちが足浴や体位変換などの業務を体験し、看護の心を育んだ。

 市民と医療関係者が交流し、看護することや命について理解と関心を深めてもらおうと、同病院が毎年実施しているイベント。

 今回は市内をはじめ新庄市の高校から合わせて17人が参加。午前中の施設見学の後、午後は看護師から指導を受けながら、実際に入院患者を相手にさまざまな看護師の業務を体験。高校生たちは自己紹介や「熱くないですか」などと患者とコミュニケーションを取りながら体験した。

 足浴では高校生たちから足を洗ってもらうと「こんなに良くしてもらってありがどの」と入院患者も笑顔を見せていた。

笑顔で会話しながら看護業務を体験する高校生たち
笑顔で会話しながら看護業務を体験する高校生たち



ページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field