文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


ページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2017年(平成29年) 2月4日(土)付け紙面より

「火遊び鬼」を園児が退治

 「節分」の3日、酒田地区広域行政組合消防署八幡分署(伊藤雅一分署長)の「防火豆まき」が酒田市八幡地域の2保育園で行われ、分署員扮(ふん)する「火遊び鬼」を園児たちが退治した。

 防火意識を高めてもらおうと毎年、節分に合わせて行っている同分署の恒例行事。26回目の今年は、阿部友和、佐藤祐樹両消防士が鬼の面をかぶり、金棒などを持って「火遊び鬼」に扮し、八幡、市条両保育園を回った。

 八幡保育園(佐々木洋子園長、園児104人)では、全園児と共に、隣接する八幡子育て支援センターに通う乳幼児が参加。大きな太鼓の音を合図に鬼が登場すると、あまりの迫力に保育士にしがみついて泣き出す園児も。「鬼は外」と声を掛けながら元気に豆を投げ付けていた。

 その後、園児たちは鬼さんらの指導で、頭を抱えた状態でしゃがむ「あひるのポーズ」、両手で口を押さえる「たぬきのポーズ」など地震、火災といった災害から身を守る「4つのポーズ」を学んだ。

 いずれも年長児の庄司美空ちゃん(6)は「鬼が怖かったので、たくさんの豆をげた。鬼さんとの約束は必ず守るよ」、加藤龍空君(5)は「4つのポーズは忘れないよ」と話していた。

八幡地域の保育園に「火遊び鬼」が登場=八幡保育園
八幡地域の保育園に「火遊び鬼」が登場=八幡保育園



ページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field