文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


ページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2017年(平成29年) 5月17日(水)付け紙面より

「新嘗祭」に献上 穀物御田植祭

 庄内町廿六木地区で15日、宮中の恒例行事「新嘗(にいなめ)祭」に献上する穀物御田植祭が行われ、強い雨の中、関係者が丁寧に苗を植えて豊作を願った。

 新嘗祭は11月23日、天皇がその年に収穫された穀物を神に供え、五穀豊穣(ほうじょう)を感謝する儀式。都道府県知事の推薦を受けた希望農家が「任意献納」している。県では8ブロックの回り持ちで実施。今年は精米を庄内町廿六木、農業、高梨是男さん(70)、精粟をJAあまるめ代表理事組合長の森屋要二さん(62)が献上する。

 激しい雨の中で行われた神事には県や町、農業関係者など約50人が出席。高梨さんと森屋さんが水田に入り「つや姫」の苗を1株ずつ手で植え、関係者が玉串をささげて五穀豊穣を祈った。

 神事の後、高梨さんは「こんなに幸せなことはない。感謝の気持ちでいっぱい。献上米にふさわしいつや姫生産のため努力する」、森屋さんは「アワ栽培に関しては未熟だが、県の指導を頂きながら県に恥じないアワ作りに励む」とそれぞれあいさつした。その後、同地内のほ場に移動し、アワの苗を植え付けた。

 新嘗祭の穀物を献上するのは旧余目町で1960年以来57年ぶり、庄内町では2002年以来15年ぶりという。

農業関係者らが見守る中、献上米の苗を植える高梨さん(手前)と森屋さん
農業関係者らが見守る中、献上米の苗を植える高梨さん(手前)と森屋さん


2017年(平成29年) 5月17日(水)付け紙面より

あまるめ駅前マルシェがオープン

 庄内町新産業創造館「クラッセ」で14日、あまるめ駅前マルシェが始まり、多くの人でにぎわった。11月まで定期的に開かれる。

 まちづくり会社イグゼあまるめ(佐藤一良社長)が駅前のにぎわいを創出しようと主催し、庄内町新産業創造館「クラッセ」内にある「なんでもバザールあっでば」の3周年イベントと同時に開催した。

 この日、午前9時半から行われたオープニングセレモニーでは関係者がテープカットでオープンを祝った。庄内一円から朝市(同7時から同9時)に5店舗、マルシェ(同9時から午後3時)に9店舗が出店し、焼き菓子や孟宗(もうそう)汁、青果、雑貨などを販売した。

 クラッセ3周年を記念して新しいお土産品「亀じいの玉手箱」の販売も開始されたほか、共同利用加工場では製粉機の実演、施設入り口では庄内総合高校JRC部によるバルーンアートのプレゼントも行われ、多くの来場者でにぎわった。

 マルシェは11月までの毎月第2・4日曜日の午前7時から午後3時まで開かれる。

あまるめ駅前マルシェが始まった
あまるめ駅前マルシェが始まった



ページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field