文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


ページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(平成30年) 1月16日(火)付け紙面より

健康願い「冷たくないぞ」

 庄内町千河原の八幡神社(伊藤豊宮司)で14日、小正月の風物詩「やや祭り」が行われた。上半身裸でわらの腰みのを着けた少年たちが冷水を浴び、健康を願った。

 やや祭りは安産の神様を祭る同神社の歳越祭の異称。弥生時代に在位した第15代応神天皇の皇子・大山守命(おおやまもりのみこと)が後継ぎ争いで悪臣に追われ、千河原の妊婦にかくまってもらった際に「私はたとえ死んでも神となりおまえたちの身を守ってやろう。難産のときは私の名を唱えよ」と言い残した伝説が起源とされる。

 祭りの名前の由来は、若者が手にしたわらで互いにたたき合った風習の掛け声が「ヤー、ヤー」だったという説や、子どもを示す京都なまりの「やや」が元など諸説ある。今年は祭りの主役として4歳から小学校5年生までの男子11人と、社名旗持ちとして余目三小5年の渡會優成君(11)が参加した。

 風もなく穏やかな天候となったこの日、祭りが始まる午後1時を前に会場には大勢のアマチュアカメラマンや保護者が詰め掛けた。神社社務所前に設けられた特設舞台では、「けんだい」という腰みのとさらし、白い鉢巻きを身に着け、両手にろうそくを持った上半身裸の少年たちが勢いよく冷水を浴びた。子どもたちは頬を真っ赤にして歯を食いしばって耐えていた。その後、少年たちは集落内を練り歩いて同神社に参拝した。

 酒田市亀ケ崎四丁目の金子陽飛君(6)は「寒かったけど楽しかった。今年はサッカーを頑張る」、余目三小4年の高橋維月君(10)は「今年で5回目で慣れてきた。水は冷たかったが顔をしっかり上げて頑張った」とそれぞれ話していた。

腰みのを着けた上半身裸の少年たちが冷水を浴びて健康を祈った
腰みのを着けた上半身裸の少年たちが冷水を浴びて健康を祈った



ページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field