文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


ページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(平成30年) 1月18日(木)付け紙面より

勝ち残れる産地へ

 「2018米づくりフォーラムin庄内~勝ち残れる米産地をめざして~」が16日、三川町のいろり火の里なの花ホールで開かれ、講演を通しブランド化や今秋にデビューする県の新品種「雪若丸」の栽培技術などについて学んだ。

 庄内地域の関係機関などでつくるオールやまがた米づくり日本一運動庄内地域本部、山形「つや姫」「雪若丸」ブランド化戦略推進本部庄内地域本部、庄内地域つや姫マイスターの会(事務局・県庄内総合支庁農業技術普及課・酒田農業技術普及課、全農県本部)が主催した。

 この日は庄内一円の行政や農協、生産者、一般などから約200人が参加。明治38年創業の米専門店「山田屋本店」(東京都調布市)の秋沢淳雄社長が「小売店から見た新品種と販売戦略」、県農業総合研究センター水田農業試験場の柴田康志研究主幹兼副場長が「『雪若丸』の特性を活(い)かす栽培技術について」と題しそれぞれ講演。

 このうち秋沢社長は生産者の高齢化、人口減少といった国内の米市場が縮小する中で、ブランド米とは「産地が地道にものづくりをした結果、おいしいといった消費者との価値観の共有がブランドになる」と解説。ブランド米として定着しつつある「つや姫」に続いて登場する「雪若丸」については、「粘りがあって強い弾力のある米が主流となる中で、ササニシキが欲しいといった違うタイプの米を求めるマーケットもある。ここで断トツのシェアを狙うべき。つや姫と競合しない、ターゲットを絞り込んで」と話した。

 講演の合間には、今秋にデビューする「雪若丸」のわさび巻きの試食もあり、粒が大きく酢飯にも合うという米の味を確かめた。

庄内という地域ブランドとして海外も視野に入れてなどと話す秋沢社長
庄内という地域ブランドとして海外も視野に入れてなどと話す秋沢社長

「電若丸」のわさび巻きを試食する参加者たち
「電若丸」のわさび巻きを試食する参加者たち



ページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field