文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


ページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2017年(平成29年) 5月6日(土)付け紙面より

三川町恒例「菜の花まつり」 花畑に笑顔広がる

 三川町のいろり火の里周辺で5日、恒例の「菜の花まつり」が開かれた。満開の菜の花畑で行われた「菜の花娘」の写真撮影会をはじめ多彩な催しが繰り広げられ、家族連れなどでにぎわった。

 菜の花まつりは町の花・菜の花を広くPRしようと実行委員会が毎年この時期に開催している。今年で35回目。

 すっきりと晴れたこの日、会場には多くの家族連れやアマチュアカメラマンが詰め掛けた。午前10時40分すぎ、「なの花温泉田田」東側に広がる菜の花畑では、かすりの着物に身を包んだ「菜の花娘」4人をモデルに撮影会が行われ、アマチュアカメラマンらが「こっちに目線を下さい」などとポーズを指定しながら熱心にシャッターを切った。子ども用のかすりの着物も貸し出され、親子連れが記念撮影を楽しんでいた。

 ほかにもバルーンリリースや働く車の展示、犬猫里親探し会、県立産業技術短期大学校庄内校の協力で初めて行われたイベント「スマホでビンゴー 三川へGo!」などが行われ、会場は多くの家族連れで終日にぎわっていた。

 かすりの着物を着た鶴岡市の田村帆希ちゃん(3)は「着物を着られてうれしい」と笑顔。母親の瞳さん(33)は「かすりの着物を着る機会はめったにないので良かった。菜の花も満開できれい」と話していた。

満開の菜の花を背景に菜の花娘たちをモデルにした写真撮影会などが行われた「菜の花まつり」
満開の菜の花を背景に菜の花娘たちをモデルにした写真撮影会などが行われた「菜の花まつり」



ページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field