文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


ページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2017年(平成29年) 3月28日(火)付け紙面より

4月から市営バス運行 大鳥、田麦俣の2路線出発式

 鶴岡市朝日地域で来月から運行される市営バスの出発式が27日、同市朝日庁舎で行われた。同地域の大鳥―落合間、田麦俣―落合間の2区間を市営バスが運行し、高齢者などの移動手段を確保する。また、朝日庁舎前で庄内交通の路線バスに接続し、JR鶴岡駅方面まで足を延ばせる。

 朝日地域の路線バスについては、採算性の悪化や運転者不足で路線維持が困難となったことから、2014年度に庄内交通が「上田沢線」「大鳥線」「田麦俣線」「湯殿山線」の4路線を全て落合地区までに短縮、減便すると市に申し入れた。その後、約1年半で市は朝日地域での路線バスの利用特性や乗降調査、同地域の住民へのアンケート調査などを実施。高校生の通学利用や高齢者の通院、買い物の交通手段確保に向け、新しい交通システムの導入を模索していた。

 この結果、通学利用の需要が高い大鳥線と田麦俣線の2路線は、それぞれ朝の往路1便と夕方の復路2便を従来通り庄内交通バスが運行を継続することになった。乗り換えなしで大鳥―エスモール間、田麦俣―エスモール間を往復できる。

 市営バスの運行は平日(月―金曜日運行、祝日と12月31日―1月3日を除く)の日中で、大鳥線、田麦俣線とも往路2便、復路2便となる。それぞれ朝日庁舎前で庄内交通の路線バスに乗り換えれば鶴岡駅、エスモール方面に行き来できる。平日のみ運行のため新年度は4月3日に正式なスタートとなる。運行を委託する業者は4月1日に入札を行い決定するという。

 出発式は朝日庁舎敷地内で行われ、佐藤利浩支所長をはじめ職員など約15人が出席。佐藤支所長はあいさつで「本日から4日間、お試し運行として地域の方から無料で市営バスに乗車してもらう。多くの方から積極的に利用してもらうことが重要。より使いやすい公共交通を目指したい」と語った。

 大鳥線、田麦俣線については、庄内交通路線バスとの乗り継ぎ割引券や回数乗車券などを導入し、地域住民がより使いやすい形態を模索するという。市営バスの問い合わせは市朝日庁舎=電0235(53)2111=へ。

関係者が記念のテープカットを行い、市営バスの導入を祝った
関係者が記念のテープカットを行い、市営バスの導入を祝った



ページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field