文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


ページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2021年(令和3年) 9月26日(日)付け紙面より

「里山もみじ御膳」提供 10月に朝日・櫛引・羽黒の食事処

 鶴岡市の朝日、櫛引、羽黒地域の飲食店で10月1日から月山山麓の食材を使った「里山もみじ御膳」を提供する。期間限定で伝統料理と創作料理をミックスした「里山の秋」を届ける。

 出羽商工会(上野隆一会長)が各店の店主らに呼び掛けて毎年、季節の食材で考案した料理を提供している。加盟店は割烹、旅館、そば店、食堂など合わせて8店舗。提供を前に24日、鶴岡市下山添の「KAPPO花咲季(はなさき)」で商工会や報道関係者を招いた試食会があり、同店の「里山もみじ御膳」を会食した。

 花咲季の料理内容はギンナンや紅葉人参を合わせた「秋鮭の朴葉焼」、原木ナメコにマイタケ、サトイモなどが入った「きのこ鍋」、西京味噌とクルミのソースで仕上げた「あけびグラタン」、つや姫でたき上げた「栗ご飯」など約10品。デザートにはサツマイモのスイートポテトと櫛引産のフルーツ(ブドウ、ナシ)を添えた。

 試食した参加者は「このボリュームで2750円は安い」「オリジナルに富んでいる」「ほかの店にも足を運びたい」などと感想を話していた。

 加盟店は朝日地域が旅館朝日屋とそば処大梵字、櫛引地域が安野旅館とKAPPO花咲季、羽黒地域が休暇村庄内羽黒、仕出し料理あらかわ、御食事処いしい、麺工房無量庵(むりょうあん)。このうち、朝日屋と安野旅館、花咲季は御膳で2750円(税込み)、大梵字と無量庵、いしいは、そばを中心に1750円(税込み)、あらかわはテイクアウトの弁当で1650円(税込み)、休暇村庄内羽黒は料理で1750円(税込み)でそれぞれ提供する。2人以上からで、2日前まで参加店に直接申し込む。期間は10月31日までの1カ月間。

 問い合わせは各店、または出羽商工会東部センター櫛引支所=電0235(57)2833=へ。

KAPPO花咲季の「里山もみじ御膳」の内容
KAPPO花咲季の「里山もみじ御膳」の内容



ページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field