文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


ページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 5月4日(土)付け紙面より

月山ダム 毎秒70トン 大迫力の自然放流

 鶴岡市上名川の月山ダムで、融雪期限定の「自然放流」が続いている。毎秒数十トンという迫力ある放流が観光客を楽しませている。6日(日)までの連休中は楽しめそうだ。

 雪解け水によりダム湖の貯水位が堤体頂部にあるクレストゲートまで達することで毎年この時期、自然と発生する。今年は4月26日からスタート。雪解けが遅く、例年より2週間ほどずれ込んだ。

 青空が広がった2日午後は、越流部にある2門のクレストゲートから毎秒70トン余りという水量がごう音とともに越流。ダム直下まで近づける自然放流見学会に参加した観光客らを楽しませた。小泉優月君(8)=蔵王一小3年=は「初めて来た。大きさにびっくり。ダムの放流は冷たかった」と話していた。

 月山ダム管理所では、先の天皇の「御在位30年記念」としてお召し列車の車体の色を基調とした限定の月山ダムカードも5月31日(金)まで配布中。このほか、連休期間や酒田まつり(5月19―21日)、鶴岡天神祭・タキタロウまつり(同月25―26日)には、日没後から午後9時ごろまでの堤体ライトアップも実施。8日(水)の夜は世界赤十字デーに合わせてレッドライトアップとなる。

 問い合わせは月山ダム管理所=電0235(54)6711=へ。

迫力ある自然放流が楽しめる。ダム周辺にある公園ではオオヤマザクラも見頃=2日午後
迫力ある自然放流が楽しめる。ダム周辺にある公園ではオオヤマザクラも見頃=2日午後



ページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field