文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


ページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 11月26日(木)付け紙面より

鶴岡で羽越本線高速化シンポジウム

 羽越本線高速化シンポジウムが24日、鶴岡市の東京第一ホテル鶴岡で開かれ、JR関係者の講演や新潟・庄内・秋田の沿線住民代表3人の意見発表を通じ、ポストコロナ時代の鉄道の在り方や、鉄道を使った地域活性化の方策などを考えた。

 山形県庄内地区羽越新幹線整備実現同盟会(会長・皆川治鶴岡市長)、羽越新幹線整備促進秋田地区期成同盟会(同・長谷部誠由利本荘市長)、羽越本線高速化・新幹線整備促進新潟地区同盟会(同・中原八一新潟市長)の3地区同盟会が2002年度から毎年、回り持ちで開いている。例年は300―400人規模で開いているが、今年は新型コロナウイルス感染症対策で参集枠を限定し、3地区市町村の首長や議会、商工関係者ら約170人が参加した。

 初めにJR東日本新潟支社の鴇澤(ときざわ)良次営業部長が「地域にいきる・ともにいきる~観光から地域活性化を目指すJR東日本グループの観光施策~」と題して講演。沿線の人口減少や東日本大震災による鉄道の役割の再認識、新型コロナによる需要減退などの流れを示し、「いかに交流人口を増やし地域活性化に結び付けるかが課題」とした。

 その上でデスティネーションキャンペーン(DC)を単なる宣伝から、地域と連携して観光開発を行うようになった歴史や、臨時快速列車「海里」など新たな取り組みを紹介。コロナ後の鉄道の在り方としては、来年4―9月に初めて東北6県の枠組みで実施するDCや、ICT(情報通信技術)を使い多様な交通手段を一体的に捉えてサービス提供するMaaS(マース)の試行などを挙げ、「社の最新のキャッチコピーは『旅と暮らしを新しいカタチに。』。鉄道を通じ、地域の活性化を図りたい」とした。

 続いてあつみ観光協会の若松邦彦会長、秋田県にかほ市地域おこし協力隊の小林裕高さん、新潟市新津鉄道資料館の岩野邦康学芸員の3人が意見発表した。

 このうち若松さんは、あつみ温泉が昨年9月に国民保養温泉地に指定されたことや、2018年4月から新潟駅で新幹線と羽越本線の同一ホーム化が実現したことなどを紹介。整備新幹線については「発着本数が多く移動人数も増える」などのメリットを挙げ、「羽越本線の高速化は国全体の基盤力を高め、安心安全とともに地方創生観光ビジョンを支える最も重要な施策」と早期実現を訴えた。

 また、小林さんは「新潟発秋田行きラーメンツアーで、停車駅ごとにラーメンと車窓の風景を楽しんで」、岩野さんは新津―秋田間の鉄道の歴史を紹介し、「コロナ禍の中では域内のリピーターをどう確保するかが重要になる」とした。来年は由利本荘市で開かれる。

講演や意見発表で羽越本線高速化への期待などを語ったシンポ
講演や意見発表で羽越本線高速化への期待などを語ったシンポ


2020年(令和2年) 11月26日(木)付け紙面より

加茂水族館 から箱根へ アザラシ姉妹引っ越し

 鶴岡市立加茂水族館(奥泉和也館長)で今春に生まれたゴマフアザラシの姉妹「ぼたん」と「ひまわり」が神奈川県の箱根園水族館へ移動することになり、25日朝、関係者に見送られながら鶴岡を発った。

 姉妹は3―4月にかけて生まれたメスのゴマフアザラシ「こうめ」「ぼたん」「ひまわり」の3頭のうちの2頭。名前には暗い話題が多い中で明るい気持ちになるようにと、花のようにきれいで元気にすくすく成長してほしいという願いが込められている。ぼたんは体重約38キロ、体長約120センチ、ひまわりは体重約33キロ、体長約110センチにまで成長した。2頭は一緒にくっついて寝たりするなど仲の良い姉妹という。箱根園水族館からの依頼もあり、近親交配を避けるために血縁関係のあるアザラシのいない同水族館への移動が決まった。

 同日は奥泉館長をはじめとする職員らが集まり、2頭をバックヤードからゲージに移し、さらに輸送用の車へと移動させた。職員はカメラで記念撮影するなどして別れを惜しみ、2頭の成長を見守ってきた飼育員の伊藤愛さん(29)は「来館者に明るい気持ちになって癒やされてほしい」と目を細めていた。

 引っ越し先となる箱根園水族館には現在ゴマフアザラシはおらず、オスのバイカルアザラシ1頭がステージショーを担っている。同水族館担当者は「3頭そろってのステージショーが見られる日を目指して、半年かけて勉強させたい。2頭の成長はまだまだこれから。ぜひ見に来てほしい」と期待を寄せている。

 今年生まれたゴマフアザラシが神奈川県の水族館へ引っ越し。職員らが別れを惜しんだ
今年生まれたゴマフアザラシが神奈川県の水族館へ引っ越し。職員らが別れを惜しんだ



ページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field