文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


ページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2017年(平成29年) 12月14日(木)付け紙面より

年内に対応マニュアル作成 相次ぐ木造船漂着緊急連絡調整会議

 北朝鮮からとみられる木造船や遺体の漂着が相次いでいる問題で、県内関係機関による緊急の連絡調整会議が12日、三川町の県庄内総合支庁で開かれた。関係機関が情報を共有して連携を密にしていくとともに、不審船や不審者が漂着した場合の初動対応、住民や漁業者への注意喚起の方法などを盛り込んだ対応マニュアルを年内に作成し、運用を開始することを確認した。

 会議は県が主催し、入国管理や税関など国の機関、庄内浜沿岸の鶴岡、酒田、遊佐の3市町、県警、酒田海上保安部、県漁協、消防などから担当者約30人が出席。佐藤仁喜弥県危機管理監が「地域住民や漁業者に不安、懸念が広がっている。住民の不安を払拭(ふっしょく)するためにも、関係機関が情報を共有し連絡体制をきちんと整え、円滑に対応する体制を構築したい」とあいさつした。

 協議では、海上で漂流する船の破片が危険なため、目印となるブイを設置してほしいといった漁業者の要望が報告されたほか、漂着した船に生存者がいた場合について、「感染症予防、通訳の対応もある。救急搬送とともに、どの医療機関に搬送するかを定めておくべき」と指摘があった。また、遺体の漂着が相次いでいる鶴岡市の担当者は、遺体を火葬した後の遺骨について、「朝鮮赤十字から返還依頼があった場合を念頭に、統一した対応を示してほしい」と要望した。

 県は近く、沿岸部の住民向けに、木造船などを見つけたときの注意点や通報先をまとめたチラシを配るなどして、注意喚起を徹底することにしている。

木造船や遺体の漂着・漂流などの対応について協議した関係機関の連絡調整会議
木造船や遺体の漂着・漂流などの対応について協議した関係機関の連絡調整会議


2017年(平成29年) 12月14日(木)付け紙面より

スキー場 恵みの冬

 近年雪不足に悩まされてきた鶴岡市内のスキー場が、まとまった降雪で活気づいている。市内のたらのきだいスキー場は16(土)、17(日)の両日、同スキー場が始まって以来初となるプレオープンを実施するほか、9日から本格営業を開始した湯殿山スキー場は11月末からプレオープンを実施しており、好調な滑り出しとなっている。

 市内にあるスキー場は近年、シーズン初めなどの雪不足に苦戦。市内で最も早くオープンする湯殿山スキー場は昨年、8日遅れで営業開始。営業期間が重なるたらのきだいスキー場と羽黒山スキー場では営業日60日間のうち実際に営業できたのがたらのきだいでは47日、羽黒山では40日。三瀬自治会で管理運営する八森山スキー場でも12月中は営業できず、1月下旬ごろから約1カ月間のみの営業にとどまった。

 今シーズン、湯殿山は先月25、26の両日に土日限定プレオープンを実施。12月2、3の両日とその後の平日も営業し、当初予定していた9日の本格営業開始を迎えている。

 一方、たらのきだいは1979年にスキー場ができて以来初のプレオープンとなる。13日午前現在、圧雪約50センチで、ゲレンデのほぼ全面が滑走可能になる見込み。市の担当者も近年にない降雪に期待を込める。

 羽黒山、八森山はプレオープンの予定はないが、いずれも23日(土)の営業開始と同時にスキー客らを迎えられそうだ。

 たらのきだいのプレオープンは、16日はナイター(午後5時から同9時)のみで、17日は全日営業(ナイターを含む)。通常料金で実施。問い合わせはスキー場の関連施設「ほのかたらのき代」=電0235(57)4488=へ。

スキー場が始まって以来初となるプレオープンが決まったたらのきだいスキー場。圧雪作業を12日に実施し、一部急斜面を除いてほぼ全面滑走可能な状態だ=13日午前
スキー場が始まって以来初となるプレオープンが決まったたらのきだいスキー場。圧雪作業を12日に実施し、一部急斜面を除いてほぼ全面滑走可能な状態だ=13日午前



ページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field