文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


ページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2021年(令和3年) 7月25日(日)付け紙面より

商店街の魅力「かわいい」発信 高校生ゆかたプロジェクト(酒田)

 浴衣姿の高校生が酒田市中心商店街を散策、若者の視点でその魅力を紹介する「高校生ゆかたプロジェクト」が24日、同市の中通り商店街で始まった。今月31日(土)までの3日間、酒田南、酒田東両高の生徒たちが会員制交流サイト(SNS)を活用し、商店街で見つけた「かわいい」「楽しい」を広く発信する。

 にぎわい創出に向け、同市の中通り商店街振興組合(菅野弘幸理事長)が、若い世代から商店街に興味を持ってもらうきっかけにしてもらうとともに、来月14日(土)に実施するイベント「ゆかたを着て中町に行こう」をPRしようと、両校、チアーズ(同市御成町、加藤明子社長)、同振興組合に加盟する呉服店・小いけ酒田店(齊藤由紀子店長)の協力で企画した。

 24日の初回は酒田南高観光・地域創生専攻1―3年22人が担当。同店で齊藤店長らから浴衣を着付けてもらった後、午前10時すぎに散策に出発した。朝から気温が上昇し強い日が照りつける中、涼しげな浴衣姿の生徒たちは道行く人の注目の的に。それぞれ割り当てられた店舗に入り、店主らから限定メニューを聞いたり、品物を背景に自撮りするなどし、次々とSNSにアップした。

 いずれも同専攻3年の伊藤美咲さん(18)は「浴衣は祭りの時に着る程度。気持ちいい。商店街の良さをアップし、活性化につながれば」、小倉果朋さん(18)は「日本舞踊を習っているので普段から浴衣を着ているが、プロに着付けてもらってうれしい」と話した。25、31の両日は酒田東高の生徒計約15人が同様の活動を繰り広げる。

 一方、イベント「ゆかたを着て中町に行こう」は8月14日午前10時から。浴衣着用の人限定のスタンプラリー、浴衣無料着付け、フォトコンテストなどがある。

 問い合わせは同振興組合=電0234(21)2601=へ。

商店街の魅力を発信する浴衣姿の高校生たち=24日
商店街の魅力を発信する浴衣姿の高校生たち=24日



ページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field