文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


ページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 9月10日(木)付け紙面より

鯛で温海を盛り上げタイ!!

 鶴岡市のあつみ温泉は鯛(たい)で盛り上げタイ」とばかりに、温泉を挙げて、鯛料理に取り組むことになった。「あつみ温泉 詣(もう)でる つかる 頂きます 鯛料理試食会」が8日、萬国屋で行われ、全7つのホテル・旅館が新しいメニューを持ち寄り、県・鶴岡市など関係団体にお披露目した。

 主催したあつみ観光協会の若松邦彦会長(あつみホテル温海荘)は「昨年6月の県沖地震の影響がやっと収まったと思ったら今度はコロナだった」と今春、各施設とも営業自粛していた苦難の時期を振り返り、その中で新たな希望を「鯛」に求めたことを明かした。

 発案したのは萬国屋。昨年から経営を受け継いだ上山市・古窯グループの佐藤信幸社長(67)は「酒井の殿様が温海に来た際、よく所望したという鯛。これに注目すべきでは」と提案。

 もともと各旅館とも夕食時はメーンディッシュとして出していたが、萬国屋は朝食に「3度美味しい鯛料理」として鯛めし、鯛茶漬けなど、鯛尽くしのメニューを用意、評判を呼んだ。コロナ禍で人が密になる「朝食バイキング」を取りやめ、1人ずつのお膳にして活路を見いだしたのだが、これが評判を呼んだ。

 第三者的にあつみ温泉の魅力を考察していた新経営者の鯛抜てきに「灯台もと暗しだった」と地元が呼応した形だ。

 県漁協は「鯛の漁獲高は減っており、最近は年57トンだが、地元の人たちがそのおいしさを認識してくれたら、漁師にも大きな励みになる」と鯛大作戦にモロ手を挙げて賛成。会場でも、招待客が料理に舌鼓を打った。

 酒田港から水揚げされたばかりの3・1キロの真鯛を萬国屋・中川清昭専務(58)は若松会長とともに掲げた。県調理師会会長を歴任、日本料理の全技連マイスターでもあるが「朝食の鯛は結構自信作です」と胸を張り、そのめでたい将来を自分たちに言い聞かせていた。

 ◇試食会の提供メニュー▽萬国屋=三度美味しい鯛の朝食▽高見屋別邸・久遠=鯛の麦切り・冷製パスタ風▽たちばなや=温海の藻塩と温海杉を使った真鯛の杉板焼き、真鯛の茶しゃぶ、真鯛の酒蒸し▽瀧の屋=鯛のかぶと揚げ▽かしわや旅館=昆布締め鯛のカルパッチョ▽あつみホテル温海荘=鯛の蒸し物▽東屋旅館=鯛のぽん酢風味焼き

 〇…あつみ温泉側は県の「県民泊まって元気キャンペーン」(半額クーポン)の利用対象拡大にも元気づけられた。これまでは県内在住者が対象だったが、8日、東北各県・新潟県まで拡大が決まった。地理的にも特に新潟からの観光客が見込め、秋の観光シーズンに弾みがつく。加えてコロナ禍が落ち着いての「GoToトラベルキャンペーン」対象に人口が多い東京都が加わることに期待を寄せていた。

試食に出された料理の一例。萬国屋のメニュー
試食に出された料理の一例。萬国屋のメニュー

試食に出された料理の一例。たちばなやのメニュー
試食に出された料理の一例。たちばなやのメニュー



ページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field