文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


ページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 11月26日(火)付け紙面より

地元役者の熱演に大きな声援 「山戸能」と「山五十川歌舞伎」奉納上演

 鶴岡市山五十川に伝わる「山戸能」と「山五十川歌舞伎」の奉納上演が23日、同地区の山五十川公民館で行われた。集落内の子どもや青年たちが熱演し、会場を沸かせた。

 山戸能は、地元に伝わる書物によると866年ごろの起源。演目の伝来などで黒川能にもゆかりが深いとされる。一方、山五十川歌舞伎は、江戸中期の宝永年間(1704―11年)、神事にまつわる村芝居として始まったという。一集落で能と歌舞伎の両方が受け継がれている例は全国でも珍しく、1964年に能、86年には歌舞伎がそれぞれ県の無形民俗文化財に指定された。

 現在は山五十川古典芸能保存会の下、山戸能一座(三浦市樹座長)と山五十川歌舞伎一座(尾上菊之丞座長)がそれぞれ伝承。春と秋の年2回、地元の河内神社の祭典で献納上演している。

 この日は、能の「座揃囃子」で幕開けし、子どもたちによる稚児舞「恋慕の舞」、五穀豊穣(ごこくほうじょう)・国家安寧などの祈りを込めた「式三番」、番能「舟弁慶」と続いた。歌舞伎の演目は源平布引滝「九郎助住家の場」。子役らの熱演に、約250人が詰め掛けた会場からは「最後まで負げるな!」などと声援も飛んで盛り上がった。

 能の式三番で、翁と三番叟の導き役「千歳」を務めた藤原しおんさん(11)=あつみ小5年=は、今回が初舞台。「大人がいっぱい見ていて緊張したけど練習通りできて良かった。本当は男の人がやるものだと聞いているけど、もしできるなら、大人になっても続けたい」と話していた。

山五十川歌舞伎の一場面。会場からの「大向こう」に地元役者が熱演で応えた
山五十川歌舞伎の一場面。会場からの「大向こう」に地元役者が熱演で応えた



ページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field