文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


ページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2017年(平成29年) 6月17日(土)付け紙面より

「自分の身は自分で守る」思い胸に 京田小で避難訓練と追悼式

 1964(昭和39)年に新潟地震で幼児3人が犠牲になった鶴岡市京田地区で16日、避難訓練や追悼式が行われた。地元の京田小学校(布川敦校長、児童85人)では、避難訓練を行い「自分の身は自分で守る」という防災意識を高めるとともに、追悼式で犠牲者の冥福を祈った。

 新潟地震は新潟県粟島付近を震源とし、マグニチュード7・5を記録。庄内地方では鶴岡市で当時の京田幼児園の園児3人が全壊した園舎の下敷きになり、酒田市では酒田三中の生徒1人が地割れに落ちるなど、計9人が犠牲になった。

 これを教訓に、京田地区では新潟地震が発生した6月16日に合わせて毎年、地元の京田小やほなみ保育園が避難訓練や追悼式を実施している。京田小での追悼式は今年で53回目となった。

 この日は初めに地震を想定した避難訓練。サイレンが鳴った後、「地震が起きました。安全な方法で身を守りなさい」とアナウンスが入った。揺れが収まったとして、児童たちは教室から体育館へ移動。教室に装備してある学年別の色違いのヘルメットを着用し、階段は上学年は右側、下学年は左側と交錯しないように工夫し素早く避難した。

 引き続き追悼式が行われ、布川校長が当時の被害状況を説明しながら、「何よりも大事なのは悲しい出来事を絶対に繰り返さないこと。自分の命は自分で守ることをしっかり頭に入れて」と呼び掛けた。その後、代表児童6人が家庭から持ち寄った花束が飾られた祭壇に花をささげた。

 最後に6年の後藤芳弥君が「祖父から聞いた話だと、前触れなく揺れが起き、僕の家の近くのおじさんの家の弟も亡くなった。自然災害はいつ起こるか分からない。落ち着いて行動し、地震が起きたら足腰の弱い祖父を助けたい。日々の備えをしっかりすることを約束しよう」と話した。

 その後は各教室で防災学習のDVDを見るなどし学習を深めた。

学年で色別のヘルメットを着用し静かに避難
学年で色別のヘルメットを着用し静かに避難

幼い命が犠牲となった新潟地震を追悼し、児童が花をささげた
幼い命が犠牲となった新潟地震を追悼し、児童が花をささげた



ページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field