文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


ページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 11月27日(金)付け紙面より

あつみかぶ おいしくな~れ あつみ小児童漬け込み体験

 鶴岡市のあつみ小学校(松田裕可校長、児童170人)の3年生たちが25日、8月に自分たちで種をまいた赤カブ「焼き畑あつみかぶ」の収穫と漬け込み作業を体験した。

 市と学校が毎年、県やまがた緑環境税の交付金を活用し、温海町森林組合の協力で3―5年生を対象に行っている「天魄山森林自然教室」の一環。近くの温海中裏の「温和の森」で5年生が7月に杉林の枝打ちを行い、この枝を使って8月に3年生が同所で焼き畑を行い、4年生から受け継いだ赤カブの種をまいた。

 この日、3年生29人は保護者と一緒に温和の森で赤カブ約50キロを収穫。温海町森林組合(大岩川)で赤カブの洗浄・選別作業を見学した後、学校の体育館で甘酢漬けの漬け込みを体験した。

 3班に分かれた子どもたちは、赤カブを12キロずつ量り、砂糖、塩、酢と一緒にビニール袋に入れ、「おいしくなーれ」と言いながら、袋の上から手で優しくもんだ。すると、カブの皮の赤い色素が酢で溶け出し、全体が赤く染まった。

 忠鉢陽丸君(9)は「白かったカブが真っ赤になって、不思議。きっとおいしくなると思う。赤カブは好きなので、食べるのが楽しみ」と話した。

あつみ小で赤カブの漬け込み作業を行う子どもたち
あつみ小で赤カブの漬け込み作業を行う子どもたち



ページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field