文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


ページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2017年(平成29年) 3月26日(日)付け紙面より

地域と共に歩んだ142年に別れ 4月に統合南遊佐小閉校式

 酒田市立南遊佐小学校(飯島美紀子校長、児童48人)の閉校式が25日、同校体育館で開かれた。少子化による児童数減少に伴い、4月から鳥海小に統合するもので、在校生や卒業生、地域住民らが地域と共に歩んできた142年の歴史を振り返り、感謝を表した。

 同校は1874(明治7)年6月、旧宮内村の光岩寺を借り光岩学校として開校し、1947(昭和22)年に南遊佐村立南遊佐小、59年に現校名となった。94年には、地域の生涯学習や情報活動の拠点となる文部科学省の「インテリジェントスクール」構想の先駆けとして、南遊佐コミュニティセンター、鳥海保育園と一体化した「マイ夢の里」として整備され、地域住民と多彩な活動で交流する特色ある教育を進めてきた。現学制となった46年から今春までの卒業生は彫刻家の高橋剛氏を含め2210人。

 閉校式には在校生や卒業生、保護者、地域住民ら約300人が出席。矢口明子副市長の式辞に続き、飯島校長があいさつで、「地域の皆さんの温かいまなざしの中で育った子どもたちの明るさ、素直さ、優しさ、たくましさを見てほしい。閉校するが、この学校のたくさんの思い出と素晴らしい校歌はずっと語り継がれ、歌い継がれていく」と述べた。

 児童を代表し6年生の斎藤嵩拓君(12)が地域住民と花を植えた「花と緑の集会」など学校生活を振り返り、「母校が閉校になるのはとても寂しくてつらいが、僕たちには南遊佐小での思い出がある。この学校で諦めないことの大切さと、人と協力する素晴らしさを教えてもらった。それを自信と誇りに、次のステージでも頑張る。学校に『ありがとう。142年間お疲れさま』と伝えたい」と述べた。

 全員で、卒業生で歌人の斎藤勇氏が作詞した「強くかしこく伸々と いのち輝き 吾ら立つ」という校歌を歌い、飯島校長が矢口副市長に校旗を返納した。

全員で最後の校歌を歌い上げた
全員で最後の校歌を歌い上げた



ページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field