文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


ページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2017年(平成29年) 4月29日(土)付け紙面より

雪の回廊爽やかに 鳥海ブルーライン開通

 鳥海山(2236メートル)の中腹を通り、遊佐町と秋田県にかほ市を結ぶ山岳観光道路「鳥海ブルーライン」(延長約35キロ)の本県側開通式が28日、同町小野曽集落の旧料金所前で行われた。神事でシーズン中の無事故と登山者らの安全を祈願。待ちかねた観光客らが、パトカーの先導で県境までパレードした。

 開通式では、地元・鳥海山大物忌神社の神官がシーズン中の無事故を祈っておはらい。続いて時田博機町長が、「天候にも恵まれ、無事開通式を迎えることができた」と述べるとともに昨年、鳥海山・飛島ジオパークが認定されたことについて触れ、「外航クルーズ船が今年8月酒田港へ寄港する際のオプショナルツアーに、鳥海山が丸ごと正式に組み入れられることになった。魅力を国内外に発信する大きな機会。共に盛り上げよう」などとあいさつ。県議らが祝辞を述べた後、関係者でテープカット。

 鳥海太鼓の勇壮な演奏に送られてパレードがスタート。約50台の車が県境を目指し、雪の回廊を縫うように走行した。関係者によると、昨年と比べて雪解けは遅く、多い所では3―4メートルの雪の壁が残っているという。

 路面凍結の恐れがあるため、当面は一部区間で夜間通行止めの措置が取られる。期間は5月27日(土)までの予定。

青空の下、雪の壁を横目にパレードの車が県境を目指した
青空の下、雪の壁を横目にパレードの車が県境を目指した



ページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field