文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


ページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2021年(令和3年) 5月8日(土)付け紙面より

田植え本格化!! 残雪の鳥海山に見守られ(遊佐町 富岡)

 庄内地方で、田植えが本格化している。きれいな青空が広がった6日、遊佐町内の田んぼでは、残雪と山肌のコントラストが鮮やかな鳥海山に見守られながら、田植え機を走らせる農家の姿があちこちで見られた。

 同町富岡の農業、佐藤伸弘さん(48)は5日に田植えを開始。9日までに、はえぬきと雪若丸、飼料用米の「ふくひびき」を計5・7ヘクタールの田んぼに植え付ける予定という。好天に恵まれて苗は順調に生育した。作業を手伝った父親の幹夫さん(79)は「田植え後の天候が根付きの良しあしを左右し、秋の実りにも影響する。少なくてもここ1週間ほどは穏やかな天気が続いてほしい」と話していた。

 県庄内総合支庁酒田農業技術普及課によると、管内(酒田市、遊佐町)の平年の田植えは、全体の5%まで進む「始期」が5月8日、ピークは5月12日で、今年もほぼ例年並みになると見込んでいる。

残雪が輝く鳥海山をバックに田植え作業が進む=遊佐町富岡
残雪が輝く鳥海山をバックに田植え作業が進む=遊佐町富岡



ページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field