文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


ページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 1月4日(土)付け紙面より

浄火の炎 新年の願い 羽黒山頂で松例祭

 鶴岡市の羽黒山頂で31日から元日未明にかけ五穀豊穣(ごこくほうじょう)などを願う年越し行事「松例祭」が行われ、国指定重要無形民俗文化財の「大松明(おおたいまつ)引き」など勇壮な火祭りが繰り広げられた。

 松例祭は出羽三山の年間最大の祭事。「位上(いじょう)」と「先途(せんど)」の松聖(まつひじり)2人の100日修行「冬の峰」の満願に合わせ、地元の若衆や山伏が位上方と先途方に分かれて競い合いながらさまざまな神事を繰り広げ、新年を占った。

 大松明引きは31日午後11時ごろに行われ、ほら貝の音を合図に若衆が大松明を引き雪上を駆け抜けた。引き続き新たな年の火をきり出す「火の打替(うちかえ)神事」が行われ、令和初の正月を迎え外国人を含む大勢の見物客が浄火の炎に新年の願いを託していた。

新年に新たな火をきり出す松例祭の「火の打替神事」=1日午前0時50分ごろ
新年に新たな火をきり出す松例祭の「火の打替神事」=1日午前0時50分ごろ



ページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field