文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


ページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 5月26日(日)付け紙面より

五穀豊穣願い手植え 献饌田で「御田植祭」

 鶴岡市の出羽三山神社に奉納する米の「御田植祭」が24日、同市羽黒町玉川にある大鳥居そばの献饌田(けんせんでん)で行われた。同神社の巫女(みこ)や山伏が五穀豊穣(ほうじょう)を願い、田植えを行った。

 JA庄内たがわ(黒井徳夫代表理事組合長)が、月山系の清流を引いた約17アールで毎年行っている。同JAや神社関係者ら65人が参列し、昨秋に新たに建立した大鳥居の下で神事を行い、巫女たちが優雅な田舞を披露した。

 この日は青空が広がり水田地帯に爽やかな風が流れる中、水を張った献饌田には朱色の大鳥居がくっきりと映し出された。たすき掛けをした巫女や山伏がつや姫の苗を丁寧に手植え。巫女の難波明日香さん(20)は「今年の豊作を願いながら田植えさせていただいた」と話した。秋に収穫し、新嘗(にいなめ)祭の献饌として奉納される。

大鳥居そばの献饌田に逆さの大鳥居がくっきり。巫女や山伏が豊作を願い田植え
大鳥居そばの献饌田に逆さの大鳥居がくっきり。巫女や山伏が豊作を願い田植え



ページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field