文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2017年(平成29年) 4月14日(金)付け紙面より

不審者に目を光らせる 警察犬が児童の下校時パトロール

 庄内警察署(塚本憲明署長)の「警察犬防犯パトロール」が12日、庄内町の余目第二小学校(舟山邦彦校長)で行われ、同校1年生33人の集団下校時、嘱託警察犬が不審者に目を光らせた。

 通学路の安全確保などを目的に、同署が警察犬指導手の協力で企画。安全確保対策として11日には余目一小で通学時間帯、パトカー、民間の青パト隊(隊長・鈴木重良庄内地区交通安全協会長)による見守り活動を実施した。

 この日はトイプードルやシェパード、ゴールデンレトリバーといった嘱託警察犬4頭が参加した。余目二小昇降口前で行われた出発式では、児童や教職員が見守る中、トイプードルの「ポッキー」号が臭いを嗅ぎ分ける臭気選別を披露。2回続けて成功すると、児童たちからは大きな拍手が湧いた。その後、児童たちは4方面に分かれて警察犬、指導手、教職員と一斉集団下校。児童たちは間近で見る警察犬に「かっこいい」などと歓声を上げていた。

 庄内署の佐藤宏一次長は「通学路の安全対策は喫緊の課題。『春の交通安全県民運動』も実施中で、今後もさまざまな対策を講じていきたい」と話した。

嘱託警察犬と共に集団下校する余目二小の児童たち
嘱託警察犬と共に集団下校する余目二小の児童たち



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field