文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2017年(平成29年) 12月20日(水)付け紙面より

農産加工場や定住促進住居 立谷沢に活性化センター

 庄内町立谷沢地区の定住人口促進を図る「小さな拠点(立谷沢地区)」整備事業で、リニューアルが進められている「立谷沢川流域活性化センター」(仮称)が来年3月に完成し、新年度の利用開始を見込んでいる。

 同事業は2014年まで立谷沢保育園として利用されていた庄内町肝煎の克雪管理センターを改修し、人口減少や少子高齢化が進む立谷沢地区の地域づくりに生かすもの。同地区の人口は今年4月1日現在で575人。10年前の07年4月1日現在の836人に比べて約260人減少している。

 センターは鉄筋コンクリート造り2階建てで延べ床面積623平方メートル。1階に農産加工場と交流の場となる多目的スペース、2階にワンルームの「定住促進住居」2部屋と移住希望者が短期間の仮住まいとして利用できる2LDKの「移住体験住居」1部屋が設けられる。

 メーンとなる農産加工場は地元の農林水産物を活用した特産品作りを推進。内部工事完了後、レトルト商品や缶・瓶詰め、総菜などを作る機材を導入。来年秋ごろの利用開始を予定している。

 また、来年2月には立谷沢地区を活動拠点とする地域おこし協力隊の女性2人が新たに着任し、主に加工場運営を担うほか、商品開発や販路拡大の手助けなどを行う。2人は4月から同センターの定住促進住居に入居。「移住体験住居」の利用開始は夏ごろを予定。

「立谷沢川流域活性化センター」(仮称)としてリニューアルする旧立谷沢保育園
「立谷沢川流域活性化センター」(仮称)としてリニューアルする旧立谷沢保育園



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field