文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2017年(平成29年) 3月17日(金)付け紙面より

公益大3年生就職ガイダンス 過去最高の120社・機関参加

 来春に卒業予定の東北公益文科大学(酒田市、吉村昇学長)の3年生を対象にした就職ガイダンスが16日までの3日間、同市の公益大公益ホールで行われ、学生たちが県内外から参加した計約120社・機関の人事担当者による説明に耳を傾けた。

 公益大キャリア開発センター(センター長・國眼眞理子教授)が、学生たちに企業などとの出合いの場を提供しようと、2004年から毎年この時期に開催しているガイダンス。國眼教授によると、初回の参加企業はわずか8社。学生に対するキャリア教育の充実に伴い、卒業生が就職先で実績を挙げるにつれて参加企業も増加し、今年はこれまでで最も多い参加数という。

 15日午後の部は22社・機関が参加し、3年生約150人のうち会場を訪れた約80人はそれぞれ希望する企業・機関のブースへ。人事担当者が映像やパンフレットを使って▽業界・企業の特徴や魅力▽勤務形態▽働きがい―などを紹介すると、学生たちはメモを取りながら熱心に聴き入り、「希望地域に勤務できるか」「面接試験の際に重視することは」など次々と質問していた。

 地域福祉コースで学ぶ男子学生(21)は「学びを生かした職業に就きたいと考えてはいるが、特に福祉関係にこだわらず、より多くの業種を調べたい」と話していた。

人事担当者から説明を受ける公益大の3年生たち=15日午後
人事担当者から説明を受ける公益大の3年生たち=15日午後


2017年(平成29年) 3月17日(金)付け紙面より

希望胸に巣立つ

 庄内地方の多くの中学校で16日、卒業式が行われ、卒業生たちが保護者や恩師、在校生に見守られながら学びやを巣立った。庄内教育事務所によると、庄内地方の中学校卒業式は15日に4校で行われ、この日は鶴岡、酒田、庄内、三川、遊佐の18校で行われた。

 このうち、鶴岡市立鶴岡第二中学校(石崎幸宏校長)では、171人が晴れの門出を迎えた。石崎校長は式辞で「人は悲嘆に暮れ、思い悩むことで成長する。失敗を恐れずに挑戦し続けることを忘れないで。そして、心通い合うつながりを大事にして」と激励。来賓祝辞などの後、在校生代表が「はなむけのことば」を述べた。卒業生を代表して佐藤匠さんと角掛綺海さんの2人が「巣立ちのことば」を発表。涙をこらえながら、「大切に育ててくれてありがとう」「共に過ごした日々は一生の宝物」と家族や友人、恩師らに感謝の気持ちを伝えた。

 在校生と卒業生が最後の全校合唱で「大地讃頌」を歌い上げ、卒業生が「ひとつの朝」「河口」を合唱した。その後、温かい拍手に送られて退場。卒業生はすがすがしい笑顔や、感極まった様子で目を潤ませるなどさまざまな表情を見せていた。

家族や後輩、恩師らの温かい拍手が会場に響き渡る中、退場する卒業生たち=鶴岡二中
家族や後輩、恩師らの温かい拍手が会場に響き渡る中、退場する卒業生たち=鶴岡二中



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field