文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(平成30年) 1月9日(火)付け紙面より

大人の第一歩

 「成人の日」(8日)を前に7日、鶴岡、酒田、遊佐の3市町でそれぞれ成人式が行われた。対象者は1997(平成9)年4月2日から98(同10)年4月1日生まれ。鶴岡市では市町村合併後初の全域を対象とした式典で、グランドオープンを控えた新文化会館「荘銀タクト鶴岡」で初めての開催。比較的穏やかな天気となり、各会場は振り袖やスーツ姿の新成人たちで華やぎ、大人としての一歩を祝福した。

【鶴岡市】

 新成人は男性692人、女性672人の計1364人。新文化会館で行われた式典には男性573人、女性606人が出席。1120席の大ホールは満席となり、小ホールも使用した。

 式典を前に市消防団によるはしご乗りとまとい振りの妙技の披露、鶴岡土曜会混声合唱団による記念演奏で祝福。国歌斉唱に続き、皆川治市長が「新成人の皆さんに一つだけお願いしたいことがある。どんな形でもいいので鶴岡のために貢献してほしい。月山や庄内平野、日本海の美しさ、四季折々の郷土食の豊かさなど、生まれ育った皆さんからもっと知ってほしい。その良さを日本各地に世界に伝えてほしい」と式辞。来賓祝辞に続き、新成人を代表して菅原立貴(りゅうき)さん(20)=鶴岡市櫛引地域、会社員=のリードで市民憲章を唱和した。

 小学生の男女2人が「未来の鶴岡のために力強く羽ばたいて」とメッセージ。最後に富樫美奈さん(20)=同市三瀬、会社員=が「積極的に地域に貢献していきたい。これからも悩み、迷うことがあると思うが人と人とのつながりを大切に、感謝の気持ちを忘れず、夢や目標の実現を決意する」と誓いの言葉を述べた。

 式典終了後は出身中学ごとに記念撮影。埼玉県で大学に通う八渡萌友さん(20)=鶴岡二中出身=は「すてきな大人になりたい。教職に就くのが夢だが地元に戻ってくるかはまだ悩んでいる」、愛知県の会社に就職が決まったという短大2年の佐藤黎さん(19)=鶴岡三中出身=は「今年は社会人になるのでまずは仕事を頑張りたい」と話していた。

新鶴岡市全域を対象として初めて行われた鶴岡市の成人式。会場は満席となった=7日、鶴岡市
新鶴岡市全域を対象として初めて行われた鶴岡市の成人式。会場は満席となった=7日、鶴岡市


2018年(平成30年) 1月9日(火)付け紙面より

寒ダラ汁おいしいね 親子連れ解体も見学

 鶴岡市中央児童館で7日、「ひろっぴあ こども寒鱈(かんだら)まつり」が開かれ、大勢の親子連れがマダラの解体を見学し、どんがらがたっぷり入った「寒ダラ汁」を味わった。

 幼いうちから郷土の食材と味に親しんでもらおうと、同児童館が「シーズン最初の寒鱈まつり」と銘打ち、鶴岡魚市場卸売の手塚商店(手塚太一社長)の協力を得て10年ほど前から開催。今回も県庄内総合支庁の魚食文化普及活動の一環で庄内浜文化伝道師講座の一つとして開かれた。

 寒ダラの解体は青森、秋田県で水揚げされた7キロ前後の雄と雌を使って行われた。庄内浜文化伝道師マイスターの手塚社長(47)が、クイズを出しながら庄内の魚食文化などを解説。手塚商店営業部長で庄内浜文化伝道師の佐藤寛さん(48)が3匹をさばいて雄と雌の違いを説明し、大きなアブラワタ(肝臓)やマダラコの卵、白子などのほか、胃袋の中に入っていたエビに大人たちも興味深そうに見入っていた。

 手塚社長は「アブラワタはどんがら汁に欠かせなくて雌の方が雄よりずっと大きく、これがないとどんがら汁のコクとうま味が出ません」など、子どもたちにも分かりやすく説明した。

 見学後は、家族でどんがらと身だけのこだわりの寒ダラ汁を味わった。家族5人で訪れた朝暘五小3年の伊藤翔(かける)君(9)は「大きなタラをさばく姿がかっこよくて、おなかの中に黒い皮があるのが不思議だった。どんがら汁はとてもおいしかった」と話した。

手際よくさばかれる大きな寒ダラに興味深そうに見入る子どもたち
手際よくさばかれる大きな寒ダラに興味深そうに見入る子どもたち



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field